無料ブログはココログ

本の紹介

« 「味の箱船」にニホンミツバチ | トップページ | 音響生態学から見た「択伐」 »

2015/08/15

信貴山の虎、より鯉

生駒山系の南端は、信貴山と呼ばれている。

 
そこにあるのが朝護孫子寺。あまり知られていないけど、なかなかの名刹で、しかもテーマパークのように面白い。巨大な虎の張りぼてから始まり、虎の像がいったいいくつあるか、ウマは、ヘビは、巨大地蔵尊に国宝の絵巻物は、本堂の地下に隠された迷路は……そして山頂には!!! と、真面目に見て歩くと一日かかるのよ(^o^)。
019
 
そこに娘の車の運転で訪れた。(正確に言うと、娘の車の練習で、だけど。)
 
008
 
あまりの暑さに、緋鯉が瀧に打たれて涼んでいる(娘の言葉)。
私も、ついうなずいてしまった。
 
 
これだけだと、あまりと言えばあまりのなので。
 
1
 
納経堂、兼休憩所にかかる額は、一枚板のよう。これに見ほれた。なんと書いてあったのか字は読めないけれど。

« 「味の箱船」にニホンミツバチ | トップページ | 音響生態学から見た「択伐」 »

森林学・モノローグ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/62083170

この記事へのトラックバック一覧です: 信貴山の虎、より鯉:

« 「味の箱船」にニホンミツバチ | トップページ | 音響生態学から見た「択伐」 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

森と林業と田舎