無料ブログはココログ

本の紹介

« 幕末に導入された製材機 | トップページ | ブックオフで自著を見つけた »

2015/08/29

0泊3日・志布志港の原木

終わった……。俺の夏休み。
 
実は、27日の夕方に大阪南港を船で出て、翌朝鹿児島の志布志港に上陸。その後宮崎の都城を回り、その夜はまた船に乗り込んで帰ってくるという旅に出ていた。仕事ではなく、これが夏休み(^o^)。
ただし、0泊3日!  船中2泊ですだ(泣)。。。いえ船旅を楽しんだ、のです。キリッ
 
さて、仕事でないとはいえ、鹿児島の志布志港に着いて、まず目に留まったのは、丸太の山。ほとんどスギだろう。          
20150828_173757
 
かなりの量だ。写真に納まり伐らないほど、各所にはい積みされている。
よく見ると、細いのから曲がりのあるもの、傷だらけのもの……。   
 
 
この丸太はどこへ行くのか。
 
おそらく海外、とくに中国ではないか。
なぜなら志布志港は、今や日本有数の木材輸出港だからだ。
 
気がつけば、日本の木材輸出はどんどん膨らんでいる。志布志港がその中心と聞いていたが、こうして目の当たりにすると、感慨深い。
 
私は、10年以上前に木材輸出について取材して、宮崎の日向港で中国の貨物船に乗り込んだこともある。当時は、ここから木材輸出が始まるのだと、心踊ったものだ。
 
結果として、それは成就しなかったのだが……。
それが、今は静かに志布志の海で進行していたのだなあ。(日向港からは木材を出していないというわけではないはず。しかし、主役は志布志港だろう。)
 
 
※ちなみに、この記事は、昨夜船からアップしようと思ったら、あっさり携帯の電波圏外であった。港を出ると、すぐに外洋なんだな、と思わせる。
 

« 幕末に導入された製材機 | トップページ | ブックオフで自著を見つけた »

林業・林産業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/62177138

この記事へのトラックバック一覧です: 0泊3日・志布志港の原木:

« 幕末に導入された製材機 | トップページ | ブックオフで自著を見つけた »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

森と林業と田舎