無料ブログはココログ

本の紹介

« 書評「想定外を生まない防災科学」 | トップページ | 食物連鎖から食物網へ »

2015/09/07

キノコの季節とナラ枯れ

雨がまだらに降る中、タナカ山林を巡回した。

 
やはり目につくのは、キノコだ。不思議なもので、キノコを目にすると、カメラを向けずに居られなくなる。身体を這いつくばらせて撮りたくなる。
その色、形、生長具合。気分が浮き立つのだ。森の中のキノコは、緑の中の紅一点だねえ。
 
 
002  008
 
 
011  010
 
おお、キノコの季節だ。今年は、きっと多くのキノコが芽吹くんじゃないかな。
 
なぜなら、生駒山にナラ枯れが爆発的に広がっているから。枯れたコナラは多くのキノコを培養してくれるだろう。
 
本当は、最強毒キノコ・カエンタケ を探していたのだけど、まだ見つからなかった。だが、枯れたナラにはカエンタケが発生しやすい。昨年はちょっと発見されただけで騒ぎになったが、本当に広がるのはこれからだろう。
そのうち全山カエンタケだらけ! という時期が来るかもね。怖いようで、o(^-^)o。
 

« 書評「想定外を生まない防災科学」 | トップページ | 食物連鎖から食物網へ »

生駒山中」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/62238490

この記事へのトラックバック一覧です: キノコの季節とナラ枯れ:

« 書評「想定外を生まない防災科学」 | トップページ | 食物連鎖から食物網へ »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

森と林業と田舎