無料ブログはココログ

本の紹介

« 首相夫人が「違法木材」に言及 | トップページ | 縄文時代の木造4階建て建造物 »

2015/11/10

林業投資会社ウェアーハウザー

ウェアーハウザーと聞けば、何を想像するだろうか。

 
もちろんアメリカの巨大林業会社であり、木材加工全般を行うコングロマリットである。
 
……と思っていた。が、あるニュースでちょっと驚く肩書になっていた。
REIT~不動産投資信託会社だというのだ。いわゆる林業REIT(T-REIT)である。
 
以前、Yahoo!ニュースにアメリカの林業事情を説明する記事 を書いたが、今や民有林の多くは、REITやTIMO(林業投資経営組織)といった投資会社に森林所有が移っているという。
 
ただ、ウェアーハウザーだけは例外で、自社で森林を持ち続けている……と理解していた(そういう情報だった)。
 
ところが、ウェアーハウザーはすでにT-REITとして森林を購入し預かる立場になっていたのか。
 
そして、このほど 約660万エーカー(267万ヘクタール)の森林を所有する製材会社プラム・クリーク・ティンバーを買収したという。その買収額たるや、約84億ドル。1兆400億円だそうである。
そしてそして、所有森林は約1300万エーカー(526万1000ヘクタール)になったとか……。
 
これって、九州全域をはるかに超える。スケールの大きな話だ(^o^)。
 
 
付け加えれば、世界各国の森林のコンセッション(伐採権)を握っていて、全体面積ではさらに数倍になるらしい……。
もちろん北アメリカで最大の森林保有会社なわけだが、アメリカでは今も森林売買がさかんなことに驚く。それだけビジネスに活かされているということだろう。
 
 
なぜ、日本では森林取引は貧弱なんだろう。ケースバイケースではあるが、やはり森林面積は大きくまとまっている方が経営に有利なはず。お金のあるところはどんどん買い取って、新たな林業ビジネスに挑戦してくれないかね。

« 首相夫人が「違法木材」に言及 | トップページ | 縄文時代の木造4階建て建造物 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/62654109

この記事へのトラックバック一覧です: 林業投資会社ウェアーハウザー:

« 首相夫人が「違法木材」に言及 | トップページ | 縄文時代の木造4階建て建造物 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

森と林業と田舎