無料ブログはココログ

本の紹介

« Kindleアプリに挑戦 | トップページ | スイスの高付加価値戦略を支える仕掛け »

2015/12/19

ツリーシェルター林立!

先日訪ねた京丹波町。

 
帰り道、ふと車の窓の外に異様な光景を目にして、急ぎ進路を変更。幹線道路から逸れて田舎道に。そして、もっとも近づいたところから撮影したのが……。
 
1
 
おおお、ツリーシェルターが林立しとる。低い山を皆伐した跡地は、何ヘクタールくらいかな。1~2ヘクタールはあるが、もしかして尾根の向こうにも広がっているかもしれない。
 
しかし、ツリーシェルターを立てるということは、苗木を植樹したというわけだ。それにしても、スゴイ本数。
 
で、さらに近づきアップにすると……。
 
5
 
こんな感じであった。植えた場所まで直接入れたらよかったのだが、間に谷がある(^^;)。それに一応他人の敷地なんで諦めた。
 
しかし、なんか妙。ツリーシェルターの間隔がやけに狭い。相当な密植だ。ここで北山杉施業でもするんだろうか。それにしても、回りは雑木で、とても林業地には見えないのも不思議だ。間に残された立木は、マツだろう。一体、シェルターの中の樹種はなんだろう。本当に木の苗なのか、疑問になってきた。
 
広葉樹植林? それにツリーシェルターを被せたらものすごい経費がかかりそうだ。
もしかして実験林とか、研修林かも。ツリーシェルターの効果を調べるために……。
いやいや、流行りのメガソーラーを並べようと思って皆伐したけど、実は保全林だったりして、行政許可が下りずに再植林を命じられたとか……
 
いろいろ想像してしまう(~_~;)。
 
 
せっかくだからグーグルの航空写真でもチェック。
 
Photo_2
 
真ん中の白い裸地ではない。ここは建設重機が伐り開いたような場所だ。その下側の、どうみても雑木林部分である。航空写真で雑木林が写っているということは、伐採され(再植林し)たのは、そんなに昔ではなさそうだ。
 
誰か、事情を知っている人はいないかなあ。
私としては、見事なツリーシェルターの林を写真に納められたことで満足しているが(笑)。

« Kindleアプリに挑戦 | トップページ | スイスの高付加価値戦略を支える仕掛け »

林業・林産業」カテゴリの記事

コメント

新植されたのはここ2年以内、一度に施業されたのではなく気付けば規模拡大されていました。

ありがとうごさいます。伐採する前は、どんな森だったんでしょうね。人工林には見えないのですが……。

こっそりと・・・

ケヤキ、コナラ、クヌギ等の雑木林だったそうで・・・
(この、ヒノキ・スギ・マツ・雑木と言う雑な区分は好きではありません(笑))

植栽したのはヒノキかと・・・

中の人ではありませんので、
あくまでも伝聞と言うことでお願いします

おっ、ありがとうございます。
やはり広葉樹林だったんですね。どんな事情で伐採したんでしょうね……(⌒ー⌒)。伝聞で結構ですから、知っていたら教えてくださいませ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/62901203

この記事へのトラックバック一覧です: ツリーシェルター林立!:

« Kindleアプリに挑戦 | トップページ | スイスの高付加価値戦略を支える仕掛け »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

森と林業と田舎