無料ブログはココログ

本の紹介

« ひょうご林業大学校……? | トップページ | 朝日新聞の吉野記事 »

2016/01/10

『樹木葬という選択』のデザイン決定

東京オリンピックの出直しエンブレム、デザインの最終4案が決定したというニュースが流れていたが、こちらでも決定しました。

 
2月中旬に発行予定の私の新作『樹木葬という選択~緑の埋葬で森になる』の表紙デザインが。こんなんになりました。
 
Photo
 
どうです? お墓本と聞くと、なにやら荘厳なデザインを想像しがち(事実、これまで発行されたものには、そうしたものが多い)だが、ちょっとポップな感じでしょう?
 
この表紙のイラストだけなら、森とか樹木の本とイメージしがちだろう。
実は、イメージだけでなく、本書は完全に森の本なのだ(^O^)。
 
その証拠に版元の築地書館は、もともと動植物、農業など自然系で森の本を多く出してきた。たとえば私の本棚にも、築地書館の本として、
「木材と文明」
「多種共存の森」
「世界の森林資源」
「日本人はどのように森をつくってきたか」
「熱帯雨林破壊と日本の木材貿易」……
など、森林系の本がたくさんある。ほかにも新刊なら、森のさんぽ図鑑」とか「公園・神社の樹木」「ナチスと自然保護」などもある。
 
ところが、出版が決まってから知ったのだが、同じく築地書館から出版されている本に、
「お墓づくりの本」
「おひとりさまの終の住みか」
など、意外な人の終末、老後・死後系の本がラインナップされていた。
 
そう考えると、拙著『樹木葬という選択』は、見事に版元の路線に乗っていることになる(笑)。
 
 
まあ、そんな出版社の得意分野と本のカテゴリーを考えながら手に取ると面白いよ(^o^)。
 

« ひょうご林業大学校……? | トップページ | 朝日新聞の吉野記事 »

取材・執筆・講演」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/63042847

この記事へのトラックバック一覧です: 『樹木葬という選択』のデザイン決定:

« ひょうご林業大学校……? | トップページ | 朝日新聞の吉野記事 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

森と林業と田舎