無料ブログはココログ

本の紹介

« ロングテール本の憂鬱 | トップページ | 足跡を追う »

2016/04/01

寺内のサカキ林

生駒にある宝山寺。

 
私はこの寺をお参りしてから山を登ることが多い。当然、寺内を歩いて奥の院まで登り、そこから山に入るというコースになるが……。
 
2_2
 
境内の中に、こんな林を見かけた。
 
なんとも妙な剪定の仕方をしている。。。この木はなんだろうか。
 
どうやらサカキらしい。サカキとは榊と書くように神様に備える木だろう。つまり神社に納めたり神棚を飾ったりする。
ここで気づいた。寺院なのにサカキとは?
 
実は、宝山寺は神仏習合の寺なのだ。その証拠に山門の前には鳥居がある(^o^)。
 
1_3
 
お参りする際にも、柏手を打つ(°o °;)。大晦日には除夜の鐘をつき、明けると初詣で賑わう。
 
寺内にも、いくつも鳥居があり、寺ができる前からいた地の神様を祀っている。
 
そんなわけでサカキも必要で、それを自家調達しているのだろう。
 
ちなみに日本で流通しているサカキの9割は中国産だそうである。

« ロングテール本の憂鬱 | トップページ | 足跡を追う »

森林資源」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/63426582

この記事へのトラックバック一覧です: 寺内のサカキ林:

« ロングテール本の憂鬱 | トップページ | 足跡を追う »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

森と林業と田舎