無料ブログはココログ

本の紹介

« 熱き国語教育に入試問題! | トップページ | 芽吹き~倒木更新 »

2016/04/16

筍通貨と焼きマシュマロ

晴れ間を狙って、タナカ山林にタケノコを堀りに行く。

 
前回はイノシシにやられて、ほんのわずかしか掘れなかったが……捲土重来、臥薪嘗胆。いや違うか。ともあれイノシシに負けるか!
 
と勇んだものの、気張らなくても今日は調子がいい。
 
16_2  16_4
 
続々と見つかる。
 
これはまだ掘っている途中の写真で、実際はこの後に大物を次々と発見。掘って掘って堀りまくるのだ!
ざっと20本は越しただろうか。
 
もちろん、こんなたくさん持ち帰っても処理に困る。近所に配るにしても多すぎる。
 
そこで毎度のことながら、スリランカ料理店ラッキーガーデンに上納する。毎年の年貢だ。ここで納めておけば、一年中大手を振って出入りできる\(^o^)/。もちろん、飲み物の一杯や二杯は御馳走になれる。
この季節、タケノコは生駒の通貨となるのだよ。
 
 
さて、今春のラッキーガーデン・ヒツジエリアの名物はこれ。
 
16_1
 
焚き火で焼きマシュマロ!
 
さっそく筍通貨を使って挑戦(~_~;)。
 
5 女の子と並んでマシュマロを焼くのだよ。
 
7
 
こんな風に色づくとOK。そのままかじりつくとよい。
 
これ、想定外の味だよ。甘いだけのマシュマロと思っていたら、外側はパリッ。中はとろ~りふわふわのクリーム状。なんだろ、これ。甘さだけでなく、ケーキのような綿菓子のような。口に入れると溶けるのに濃厚な味。ただとろけたクリームが唇についたらアチチッとなる。
 
これ、オーナーがオーストラリアで覚えた味だそう。簡単だけど、焚き火が必要だから、おいそれと真似できない。
こんな新メニューを投入してくるところがラッキーガーデンの強みだろう。
 
山で焚き火ができる人は、ぜひ試してみることをお勧めする。
 
8  大人気であった。
 

« 熱き国語教育に入試問題! | トップページ | 芽吹き~倒木更新 »

生駒山中」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/63495492

この記事へのトラックバック一覧です: 筍通貨と焼きマシュマロ:

« 熱き国語教育に入試問題! | トップページ | 芽吹き~倒木更新 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

森と林業と田舎