無料ブログはココログ

本の紹介

« これも植物虐待? | トップページ | 東北の五重塔と国宝 »

2016/04/12

大阪城で目を引くもの

昨日、久しぶりに大阪城公園に訪れた。

 
久しぶりと言っても2年も経っていないつもりなのだが、なんだか様子が違う。
大河ドラマ「真田丸」の舞台となることから注目を集めているのは間違いない。ただ、もっとも大きな変化は、外国人客が増えたことだろうか。中国人ぽいのはもちろんだが、かなりムスリム(おそらくマレーシア人、インドネシア人だろう)が目立つ。もちろん白人・黒人もいるから欧米系だろう。あきらかにロシア語も聞こえた。
 
散り際の桜も大人気である。幸い城は青空に際立つ。少々、いやかなり寒かったが。
 
これまで数十回、もしかして数百回も訪れているが、よくよく見て回ると、記憶のない風景があるのだ。見どころは多いぞ。
 
が、私の気になったのは……。
 
005
 
何かわかるか?
 
011
 
公園内の樹木である(^o^)。園内だから街路樹……とは言わないだろうが、この強度の剪定の仕方はなんだろうな。
 
樹種によって必要なのか? それとも枝が落ちかけた老木が多かったのか。もしかして樹冠が広がると城が見えなくなるからだろうか。
しかし、寒風の吹く園内で、丸坊主の樹木を見ると、ちょっと痛々しいかな。仮に若葉が伸びてもよい樹形にはならない気がするが……。
 
 
010
 
こんな碑もあった。大阪城と上田城が友好城郭提携ですか。真田つながりなんだなあ。しかし友好城郭という発想があるのが面白い。
 
 

« これも植物虐待? | トップページ | 東北の五重塔と国宝 »

森林学・モノローグ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/63477869

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪城で目を引くもの:

« これも植物虐待? | トップページ | 東北の五重塔と国宝 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

森と林業と田舎