無料ブログはココログ

本の紹介

« 紫蘇の「間伐」 | トップページ | ニセアカシアもアジサイも »

2016/05/19

土倉庄三郎翁没後100年記念シンポジウム

今日で、ちょうど1カ月前になりましたので発表です。

 
今年は、土倉庄三郎没後99年です。そして来年が100年。そこで「土倉庄三郎翁没後100年記念事業」がスタートします。(約1年間)
 
そのトップバッターとして、来月6月19日に記念シンポジウムを開催します。
 
 
記念式典(シンポジウム)
基調講演は森林ジャーナリストの田中淳夫(^o^)。
だが、本当に凄いのは、その後の『土倉翁の功績をたどるリレー対談』登壇者。
 
日本女子大学                  佐藤和人学長兼理事長
同志社                 大谷 實 総長 (対談は、本井康博元教授)
NPO芳水塾          古瀬順啓理事長
吉野かわかみ社中     下西昭昌代表
日本女子大の学長に同志社総長! 
 
日本女子大の創立に広岡浅子とともに関わった土倉翁、そして同志社の新島襄・八重の話が中心となるはずだ。なんかNHKの朝ドラ『朝が来た』と、大河ドラマ『八重の桜』を合わせたような取り合わせなのである(笑)。
 
また芳水塾は、ずっと土倉翁の顕彰を続けてきた組織で、古瀬氏は土倉家の菩提寺・龍泉寺住職でもある。
そして吉野かわかみ社中からは、吉野林業の新たな挑戦が語られる予定。これも、私がちょっと聞いたところ結構面白い話が出るはず(^o^)。いや、なかなかやるじゃないか。
 
なお、ほかに農林水産大臣や地元国会議員、奈良県知事、林野庁……なども出席予定。(代理の可能性もあるが。)
 
 
日  時…平成28年6月19日(日) 13:00~16:00
開催場所…川上村総合センター やまぶきホール
主  催…川上村
協  賛…土倉庄三郎翁没後100年記事業実行委員会
後  援…農林水産省、奈良県(予定)
連絡先…川上村地域振興課
〒639-3594 奈良県吉野郡川上村迫1335-7
TEL 0746-52-0111
E-mail info@vill.nara-kawakami.lg.jp
 
よろしければ、申し込んでほしい。会場は300人のホールなのだが、すでに同志社OB会などが多数来る予定で、入りきるか心配している。
 
 
ところで、このシンポジウムに先立って、午前中は龍泉寺で百回忌法要が営まれる。
こちらは、基本的に関係者向きだが、希望者は拒まないので申し込んでほしい。なお、こちらに参列すると、拙著『樹喜王 土倉庄三郎』が配られる。
 
土倉翁に興味のある人はもちろん、そうでなくても楽しめると思う。川上村の吉野杉の山を見るだけでも元は取れるはずだ。
 

« 紫蘇の「間伐」 | トップページ | ニセアカシアもアジサイも »

土倉庄三郎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/63655588

この記事へのトラックバック一覧です: 土倉庄三郎翁没後100年記念シンポジウム:

« 紫蘇の「間伐」 | トップページ | ニセアカシアもアジサイも »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

森と林業と田舎