無料ブログはココログ

本の紹介

« 『樹木葬という選択』書評・天台ジャーナル | トップページ | 台湾の樹木葬 »

2016/05/16

キリとアカメガシワ

タナカ山林で、アカメガシワが見上げるほど育った。

そこで、その葉を下から見ると、見事だった。
 
005
 
ここまで透かし模様になるとは(笑)。葉の中に星空が広がっているぞ。
どんな虫が食ったのだ。虫にとっては、アカメガシワの葉は重要な餌場なのかもしれない。
 
ほとんどの葉が、こんな状態。それでも元気に育っている。植物側にしたら、この程度は想定内なのかもしれない。
 
 
そこで、キリの葉も見上げてみた。
 
2
 
昨秋は枯れ落ちて、もう伸びないかと思ったが、しっかり復活した。
こちらは食われていない。葉っぱは大きくて立派なのだが、虫にも好きずきがあるのか。
 
ところで、キリと言って思い出すのは、『真田丸』のきり(笑)。長沢まさみが演じて、時代劇なのに現代の口語をしゃべり、現代女性的な発想と行動を取る“うざい女”という特異なキャラクターを与えられていることで嫌う人もいるようだが、私には脚本家・三谷幸喜の凄味を感じさせた。
彼女の存在は、従来なかった手法で物語の輪郭を変えしまうのだ。物語の展開(どちらかというと陰惨)に引き込まれつつ、はっと現代からの視点にもどって、客観視させられる。もちろん、長沢まさみも好きだし(^^;)。
 
私も、小難しい森林論や林業事情を唱える中で、ブログ文体を取り入れよーかにゃあ。

« 『樹木葬という選択』書評・天台ジャーナル | トップページ | 台湾の樹木葬 »

森林学・モノローグ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/63641924

この記事へのトラックバック一覧です: キリとアカメガシワ:

« 『樹木葬という選択』書評・天台ジャーナル | トップページ | 台湾の樹木葬 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

森と林業と田舎