無料ブログはココログ

本の紹介

« 知ってる?吉野林業が「日本遺産」に | トップページ | 六甲アイランドの緑地帯 »

2016/05/01

ナラ枯れ切株の燻蒸

生駒山が、ナラ枯れのメッカになっていることは再三伝えてきた。

 
枯れた木は、山中は放置するものの、道沿いなどは伐るだけの処理が多かったのだが、それだけでは全然ナラ枯れ対策になっていない。
伐採後の切株や、伐採した幹部分をそのままにしては、そこからカシナガキクイムシが繁殖するからである。本来は、伐った木ごと薬剤で燻蒸しなければならない。
燻蒸しているところを初めて見かけた。
 
1
 
ここでは切株をシートで覆っている。
 
2
 
と言っても、ここは生駒市の山麓公園。公園内も派手にコナラなどが枯れていたが、さすがに伐採・撤去していた。そして燻蒸もしたらしい。幹部分はとうしたかはわからない。園内にある野外活動センターで薪として燃やしてしまうといいのだけどね。
 
 
正直、周りの山で膨大なナラ枯れが起きているのだから、公園内だけの木を燻蒸してもほとんど意味はないと思うが、ま、やったことを示すことも必要なんだかなあ。
 

« 知ってる?吉野林業が「日本遺産」に | トップページ | 六甲アイランドの緑地帯 »

生駒山中」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/63566526

この記事へのトラックバック一覧です: ナラ枯れ切株の燻蒸:

« 知ってる?吉野林業が「日本遺産」に | トップページ | 六甲アイランドの緑地帯 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

森と林業と田舎