無料ブログはココログ

本の紹介

« Yahoo!ニュース「木の柱はもういらない?…」を書いた理由 | トップページ | ラジオ出演 »

2016/05/11

西ドイツから見た日本林業

ある事象について確認したくて、オーク・ヴィレッジ代表の稲本正の本を開いた。 

以前、読んだときに、今私が探している内容について触れていた記憶があるからである。
 
とはいえ、あまりに昔の記憶なので、本がどこにあるのか(タイトルも覚えていない)、ようやく見つけた本もどこに載っているのか(そもそも、その本で間違いないのか)、なかなかわからない。
 
結局、見つからなかった。。。
 
まあ、どうしても必要なことではなかったのだが……ただし、その過程でちょっと面白い記述を発見した。今回は、そちらを紹介しよう。
 
まず本は「森からの発想 サイエンスとアートをむすぶもの
 
その序章にあった一節だ。
 
一昨年来日した西ドイツの林政学者、フレーザー教授も
ドイツの古い様式をずいぶんしっかりと守っていらっしゃる
と苦笑気味であった。聞けば山を皆伐し、杉なら杉の単層林をつくるというのは、ドイツでは過去の林業になっているそうで、また単層林は急峻な山の多い日本では向きそうもないとのことだ。
 
すでにドイツの林業は方針を大転換していたのだ。皆伐とか単一樹種の一斉造林はやっていなかった。これこそ今なら合自然林業、近自然林業と呼ぶものである。
 
ここで注目してほしいのは、フレーザー教授は西ドイツからやってきたこと。西ドイツ? と言っても、若い者はピンと来ないかもしれない。
 
ちなみに、この本の出版は1988年9月。そして序章は、「Asahi Journal」1988年1月29日号に掲載されたものだというから、執筆はおそらく前年1987年の年末。
 
その時点で、一昨年来日したということは、1985年と考えてよいのではないか。仮に掲載年を慮っていたとしても1986年だろう。
 
この頃、まだドイツは東西冷戦の真っ盛りで、再統一していないから西ドイツ、東ドイツに分かれていたというわけだ。(ベルリンの壁崩壊は1989年、統一は1990年)。 
 
1985年に来日したドイツの学者に、日本の林業は時代遅れ……というより、戦前のドイツ林業のモノマネをまだ続けている、と指摘されたんだなあ。
 
それから30年以上経っても、まだ続けている(笑)。いや、笑い事ではないのだけど。
 
それにしても古い本をひっくり返すと、まったく目的外の発見があるものだ。
 
 
※目的としていた情報は、その後ネットで検索しまくって、なんとか発見しましたよ。

« Yahoo!ニュース「木の柱はもういらない?…」を書いた理由 | トップページ | ラジオ出演 »

林業・林産業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/63614932

この記事へのトラックバック一覧です: 西ドイツから見た日本林業:

« Yahoo!ニュース「木の柱はもういらない?…」を書いた理由 | トップページ | ラジオ出演 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

森と林業と田舎