無料ブログはココログ

本の紹介

« 土倉翁百回忌前夜 | トップページ | 誰が日本の森を救うのか2016 »

2016/06/19

燃え尽き百回忌

土倉庄三郎没後100年記念事業、百回忌と記念式典、終わりました。

 
燃え尽きました……。
 
百回忌法要に続いて会場を移り、リレー対談相手と打ち合わせ。基調講演、それが終わるとすぐにエントランスで『樹喜王 土倉庄三郎』販売顔見せ。そしてすぐにリレー対談。終わると本の販売(とサイン)。来賓や関係者と撮影。土倉家の子孫と面談。気がつけば撤収……。
 
会場のホールは満席で階段に座る人も。さらに100人ほどがホール外エントランスにいたという……。さすがに初めての経験。
 
内容も、まずまず。リレー対談では私も知らない土倉翁の逸話が結構出たし、展示会場でも貴重な初見参の資料が並んだ。来賓挨拶などで押した15分も、私の絶妙の仕切りで(^o^)、きっちり時間内に終わらせるという技を見せたし。
 
 
ただ一つ失敗だったと思ったのは、服装である。
 
事前に「平服で」と言われていたので、私は黒のスーツだけどネクタイだけ明るい色にする予定だった。が、昨日のリハーサルで各者に聞いて回ると「礼服なんか着ません。ネクタイもしません」とみんなが言うものだから、シルバー系のグレースーツに変えた。さすがにネクタイはしたけれど。
ところが百回忌の会場では、3ぶんの2が黒スーツに白ネクタイではないか。(百回忌はメデタイので白ネクタイ。)
やられた……と思ったね(-_-)。ま、ネクタイだけは白も用意していたのでカッコがついたかな。
 
 
さて、私の講演では、「禁断の壇上撮り」に期待する向きがあるので、今回の成果を披露しよう。
 
039
 
040
 
042
 
043
 
以上です。

« 土倉翁百回忌前夜 | トップページ | 誰が日本の森を救うのか2016 »

土倉庄三郎」カテゴリの記事

コメント

昨日は何から何までありがとうございました。
奈良の皆様が百年経っても覚えていてくださり、このような盛儀を催してくださったことは、一生かかっても感謝しきれないほどです。

また今後とも、川上村・大滝をよろしくお願いいたします。

ご参加くださいまして、ありがとうごさいます。
おかげさまで盛会でホッとしています。

玄孫の方は何人か来られていましたので、これを機会に交流が始まったら素敵ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/63802933

この記事へのトラックバック一覧です: 燃え尽き百回忌:

« 土倉翁百回忌前夜 | トップページ | 誰が日本の森を救うのか2016 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

森と林業と田舎