無料ブログはココログ

本の紹介

« ウルトラ重機の世界 | トップページ | 燃やされるリグニンと研究 »

2016/07/31

団扇……の骨の危機

そろそろ夜も耐えがたい暑さの残る季節である。

 
仕事中はエアコンも仕方なし、と入れているが、そうでない時間はひたすら扇風機で頑張る。
 
そして……身近には団扇。もっとも、暑い部屋の空気をかき乱しても涼しくならないよ。。。そこで取り出しましたる和の団扇。
 
003
 
夜、ベランダでひんやりした風を、この団扇で起こすとホッとする。
 
写真は、熊本県山鹿市の栗川製団扇。「来民(くたみ)の渋うちわ」というのだそうだ。竹の骨に和紙に柿渋を塗った伝統産業だ。しかし、今やつくっているのは栗川商店一軒になってしまったという。
 
熊本県がかつては団扇の一大産地とは知らなかった。(京都、丸亀と並ぶ日本三大団扇産地……だったとか。現在は9割が丸亀製。ただしプラスチックが主流。)
 
扇ぐと、紙独特のパタパタという音が涼し気。プラスチック製ウチワに太刀打ちできないだろう。
 
ところで、この団扇の骨だが、3年ものマダケを材料にして、節から割って扇状に広げている。栗川商店では冬の間に作ってしまうというが。。。。
 
 
実は、団扇の骨が危機なのだ。日本製団扇と言えば和紙に価値がある、と思いがちだが、本当の価値は竹製の骨にある。竹材を割って数十本の骨として広げる技を持つ職人は、ほとんどいなくなった。
 
現在は、多くが中国製に取って代わっている。もともと団扇は、中国で生まれたようで、日本には古墳時代に伝わっている。
とはいえ、中国だって、いつまでも団扇の骨職人がいるとは限らない。中国に頼れなくなったとき、どうなるのだろうか……。
 
010
 

« ウルトラ重機の世界 | トップページ | 燃やされるリグニンと研究 »

森林資源」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/63994441

この記事へのトラックバック一覧です: 団扇……の骨の危機:

« ウルトラ重機の世界 | トップページ | 燃やされるリグニンと研究 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

森と林業と田舎