無料ブログはココログ

本の紹介

« 吉野杉の「おすぎ」記事に異変 | トップページ | ホームページ移設~『樹喜王 土倉庄三郎』販売 »

2016/07/12

CLTに関する林野庁の見解

このところCLTについて幾つか書いてきたが、タイミングよく?Agrioという雑誌に、林野庁の
木材製品技術室長が語るCLTについての記事が掲載されていた。
 
 
Agrio 特集は国産ワイン(^o^)。
 
 
それによると、今年3月と4月に建築基準法に基づく告示が施行され、いよいよ建築材として普及させていくそうだ。その課題として、製品価格の低下と需要拡大が挙げられている。
 
量産工場で年間3万~5万立方メートル生産すれば、1立方メートル当たりの価格が7万~8万円台になる。そうすれば、鉄筋コンクリート(RC)造や輸入CLTと価格面で対抗できる
 
2016年度の全国のCLT年間生産能力は5万立方メートルで、「現状は受注による少量生産であり、1立方メートル当たり15万円程度となる」。
 
つまり価格を現在の半額程度にして、生産量は2024年度までに50万立方メートル程度、つまり10倍まで増やす目標を掲げている。とすると、工場は10~18ぐらい必要な計算になる。
 
 
問題は、以下の部分だ。
 
CLTの価格も下げないといけないが、山の木も高く買ってもらいたい」という林業関係者に対しては、原木から製品までを地元で一貫生産する工場を建てることでカバーするのだという。可能だろうか。
そもそも林業関係者は、CLTの価格を下げないといけない、と思わないだろう。関係ない。
また一貫生産することで製造コストを下げて、その分だけ原木価格を上げるのならわかるが、そんなシステムになりようがない。
 
製造ラインで30人、原木の切り出し・搬出・トラックでの運材などで20人。少なくとも50人の新規雇用が生まれる。家族も含めれば人口は倍以上に増える
 
これは雇用であって、木材価格の話ではない。林業家も工場で働けってか? これは労働対価であり、山に利益を還元することにはならない。育林コストをいかに賄うのか。 
木材価格が低いままなら林業家は山仕事に身が入らず、林業をあきらめる人も出るだろう。仮に山村に工場ができて、そこで働くようになったら、給与で生活が成り立つわけだから尚更だ。
 
いや、工場で働くために町に出るかもしれない。
なぜなら量産工場を建てられるのは、本当の山村地域ではないからだ。 それなりの平地があり、輸送ルートのある地域になる。
 
ちょっと計算していただきたい。年間3万~5万立方メートルのCLTの原料を集材しようとするなら、原木はどれだけ必要か。現在のところ、歩留りは15%程度という。
3万立方メートルのCLTをつくるには、原木20万立方メートルくらい必要になるのではないか。これだけを毎年生産できる林業地とは……。もちろんCLT以外の木材も必要だから、その2倍3倍の生産量がなくてはならない。搬出コストの引き合う範囲を50キロ圏内とすると、工場立地可能地域は限られるだろう。
 
いっそ、港に工場を建てたらどうだろう。いざとなれば外材も使えるし……。(実際、外材と国産材のハイブリッドCLTの可能性は高い。)
原木の買取価格も、いっそのことFITのような制度で、固定化したらどうかなあ。
 
なんだかバイオマス発電と同じような……(;´д`)。。。
 
 
 
ところで需要の拡大に関して、面白い?意見が書かれている。
 
森山裕農林水産相は「熊本地震で自治体が庁舎を建て直しする際に、CLTの利用を考えてもらえるとありがたい」と述べたらしい。
 
まあ、それも手だろうが、持続的な需要ではないね。
 
ともあれ、現在、CLTの活用を促すための資料を作成中とのこと。お・た・の・し・み・に!

« 吉野杉の「おすぎ」記事に異変 | トップページ | ホームページ移設~『樹喜王 土倉庄三郎』販売 »

木製品・木造建築」カテゴリの記事

コメント

前年並み予算を獲得するために、補助事業も新たな肩書が必要になります。
その一つがCLTなのでしょう。各地に採算性に関係なく(今までの事業のどれだけが現在存続しているのでしょうか。)立地されていくことでしょう。
国家が財政破綻するまで、なにがしかの新たな事業に名を変えてし続けることになるのでしょう。
どうしようもない、というのが感想です。

全く、おっしゃるとおりですね(^-^;

CLTで建てると、現在はRCより割高ですが、その分を林野庁が補助金で穴埋めしているそうです。。。
補助金なかったらCLT使われないのかもしれない。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/63905889

この記事へのトラックバック一覧です: CLTに関する林野庁の見解:

« 吉野杉の「おすぎ」記事に異変 | トップページ | ホームページ移設~『樹喜王 土倉庄三郎』販売 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

森と林業と田舎