無料ブログはココログ

本の紹介

« ナラ枯れ再び | トップページ | 「人はコスト……」 »

2016/07/16

誰が日本の森を救うのか、でした。

誰が日本の森を救うのか、でした。

 
毎年恒例のセミナー。おかげさまで、大盛況でした。私は人当たり気味(*_*)。

« ナラ枯れ再び | トップページ | 「人はコスト……」 »

取材・執筆・講演」カテゴリの記事

コメント

さすが速水亨さん、迫力あるプレゼンには圧倒されましたね。日本の林業の課題をズバリと指摘出来る方は少ないと思いますが、所有者が自分の植林地を資産と見なして効率的な経営的に徹することがわが国ではない!
と断言された点が圧巻でした。
また、世界的に見て林業はすべて黒字で儲かっているのにわが国だけが赤字というのはおかしい。林野庁は右手で植林を進めてきたが、左手でどう経営して利益を生むかの経営手法を全く持たなかったのが問題であると指摘されましたが、それはそっくり林業関係者にも当てはまり補助金をどう貰うかばかりに目が行き、この森を将来どうしたいのか具体的な将来の姿をしっかりと考えないといけないとおしゃつていたのが印象的でした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/63924995

この記事へのトラックバック一覧です: 誰が日本の森を救うのか、でした。:

« ナラ枯れ再び | トップページ | 「人はコスト……」 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

森と林業と田舎