無料ブログはココログ

本の紹介

« 私が訪れた墓1~サンダカンのからゆきさん | トップページ | 私の訪れた墓3 ~青森キリストの墓 »

2016/08/16

私の訪ねた墓2 ~畔田翠山

畔田翠山、を知っているだろうか。くろだ・すいざん、と読む。

 
ほとんど無名、知っている人は江戸時代の学者マニア(笑)。
 
一般には、本草学者とされる。詳しくは、私のホームページのここ に記した。
もう一つあった。こちら にも。
 
畔田翠山は、江戸後期の紀州藩の藩士だ。1792年和歌山生れ。名は伴存。通常は十兵衛と呼ばれる。重兵衛とも記す。号は翠山。別に翠嶽、翠嶺軒、あるいは紫藤園といった号も使っていた。
 
翠山の職は御広敷添番庭仕事の担当である。ただし藩の庭では、薬草を扱う本草局もある。つまり医学に通じる科学部局だったのだろう。
直、藩士としては軽禄で、そんなに位の高い武士ではなかったが、当時の藩主・徳川治寶に愛されていたらしい。またパトロンもいたらしい。
 
実際、全国を歩いているし、山野を歩いて植物の研究をしている。彼は、山に入ると何日も帰って来ず、天狗のようだと言われたらしいからチョー健脚だったらしい。 
 
しかも江戸時代の藩の庭仕事職と言えば、「御庭番」。紀州藩から将軍になった徳川吉宗は、御庭番を連れて江戸に行った。そして彼らの仕事は……スパイ(笑)。いわゆる隠密、忍者である。当時、幕府の忍者集団は、御庭番という役職だった。庭仕事の職人を装っていたのである。 
だから、翠山も隠密だったのかもしれない。
 
 
ま、詳しいことはリンク先を読んでいただくとして。
 
 
私は、畔田翠山の謎の生涯を追っていたことがある。探検家として。最後の本草学者として。日本の博物学者であり、日本独自の生態学的発想の先駆者として。動植物の生育環境が記されているところがあるので、分布と植生がわかるのだ。
 
そして訪ねたのが和歌山県本宮町のお墓。彼は、この地で客死したのである。
 
苦労した~。記されていた集落を訪れても墓地が見つからない。ようやく出会った人に聞くと、個人宅の裏であった。他人の家の軒下を抜けて家の裏手に回らないと、墓地を訪れられないのだ。そして、数ある古い墓石の中から彼の名前を探し出す。 
 
1  2
 
かろうじて墓石の裏に「畔田十兵衛」の文字が。よくぞ、残っていたなあ。。。。
 
彼の家は、明治維新で没落して、息子が父の書物や財産を売り飛ばした。そのため彼の業績が伝わらず、ほとんど謎の人になってしまったのだ。それを拾い集めて翠山の実像に迫りたい……。
 
 
ちなみに和歌山市内にも墓はある。
 
3  
 
明治時代になって、翠山の学者としての再発見があり、叙勲位が授与されて碑が建てられたらしい。南方熊楠が彼に注目していたとも言われる。
 
4   
 
この碑には、畔田翠山の業績が記されている。
 
今は、ウィキペディアにも記載があるようだ。私が調べた頃は、まったく検索に引っかからなかった。多少は知名度を上げたか。とはいえ、いまだに謎の人である。
 

« 私が訪れた墓1~サンダカンのからゆきさん | トップページ | 私の訪れた墓3 ~青森キリストの墓 »

森林学・モノローグ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/64067254

この記事へのトラックバック一覧です: 私の訪ねた墓2 ~畔田翠山:

« 私が訪れた墓1~サンダカンのからゆきさん | トップページ | 私の訪れた墓3 ~青森キリストの墓 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

森と林業と田舎