無料ブログはココログ

森と林業と田舎の本

« 恐竜・化石・岩石・骨……のマニア | トップページ | 私が訪れた墓1~サンダカンのからゆきさん »

2016/08/14

墓を記念碑にする方法

お盆になって、墓参りに行かれる方も多いでしょう。

 

 

 

そして墓守について考えることもあるでしょう。次に入るのは誰か。いつまで続けられるか。誰が継承してくれるのか。

 

 

 

……そして、樹木葬に目が向くこともあるでしょう。

 

 

 

最近は、樹木葬なら簡単、後腐れがない、安い、という声がある。

 

 

 

ちょうど、こんなイラスト見つけた。

 

 

 

Photo

 

 

 

 

 

 

 

フリー素材の中に、樹木葬墓地のイラスト があった。

 

しかし、このイラストの中には石の墓標がありますなあ……。墓標の代わりに樹木、というのが基本的な樹木葬なんだが、残念ながら現実はそうなっていない。

 

 

 

 

 

しかし、樹木葬と言っても千差万別。なかには「樹木がなくて、石の墓標のある樹木葬」墓地まであるから、もはやナンデモアリなのだ。

 

 

 

3_2

 

 

 

 

 

よく、「死んだ後のことは、どうでもいい。好きにしてくれ。遺骨は海でも山でも捨ててくれ」という声があるのだが、ちょっと勘違い。決めておいてくれないと、l遺族は好きにしたくてもできず、周りが迷惑するから(^0^)。

 

 

 

これは法的な問題だ。日本ではお墓に関する法律(墓、埋葬等に関する法律、墓埋法)がある。細かな定義・字句はさておき、火葬するにも、その後遺骨を埋蔵するにも法的な規定がある。海にも山にも散骨するのも手続きがいるし、無縁墓地にだって入れない。墓はいらない、というのなら、その点を遺言でもしておかないと面倒。

 

 

 

散骨だって、実は骨の形を残していると散布はできないのだ。基本、粉にしなければならない。しかも撒く場所は公的には限られている。川はダメだし、海も相当沖合に出ないとダメだし、山は所有者の了解と周辺のステークホルダーの承認がいる。(さらに言えば、散骨は法的に認められているわけではなく、法の隙間を縫ったものである。)

 

 

 

では、どうすれば墓をつくらないでいられるか。

 

単に遺骨を自宅に置いておく、という手はある。しかし遺族は、ずっと骨を保管し続けなければいけない。それははっきり言って辛いし、「墓はいらない」という意志に反するのではないか。

 

 

 

一番簡単なのは、遺骨を火葬場から引き取らないことかな、と思う。あるいは完全に灰になるまで焼いてもらえば、量的には極小にできる。

 

日本の墓の定義は、遺骨や遺体を埋葬するところだから、埋蔵するものがないと墓の法律に縛られなくて済む。

 

 

 

遺族側からすると、遺骨さえなければ、法律の縛りから解放される。

 

ら樹木や石塔を立てて「これが墓だ」と主張しても、法的には、それは記念樹・記念碑であり、墓ではない扱いになる。だったら、どこに(石塔などを)置いてもよい。自宅の庭であろうと、法的には問題ない。山に墓代わりの樹木を植えても「記念植樹」と同じになって、周囲の人も文句のつけようがない。

 

 

 

 

 

ちなみに樹木葬は、一旦は遺骨を埋葬するから墓だが、年月とともに遺骨は土に還る。その時点で墓ではなくなるはずである(今のところ、法的な判断はされていないが……)。ただし、地目は墓地のままだろう。

 

 

 

でも、樹木葬といいつつ土に埋めるのではなくコンクリートの小部屋に遺骨を納めるところもあって、これでは土に還らない。合葬墓の場合は、何万人分の骨を納められます、という記載まであるが、最終的に骨をどうするのか疑問。あふれたらどうするのだろう。

 

 

 

多分、霊園側はそこまで先を考えていないのだろう。こっそり捨てるのかな?

 

 

 

 

 

« 恐竜・化石・岩石・骨……のマニア | トップページ | 私が訪れた墓1~サンダカンのからゆきさん »

森林活用(茶・蜂蜜・山菜…樹木葬)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 墓を記念碑にする方法:

« 恐竜・化石・岩石・骨……のマニア | トップページ | 私が訪れた墓1~サンダカンのからゆきさん »

December 2021
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

森と筆者の関連リンク先