無料ブログはココログ

本の紹介

« 燃やされるリグニンと研究 | トップページ | FSCで「グローバル化」を! »

2016/08/02

川の流れるままに

相変わらず、暇があったら「ブラ生駒」を続けているのだが……いつも森の中を歩いているわけではない。むしろ地形とか植生、あるいは店、ヘンな人のヘンな痕跡などを探している。

 
今回、ふと気づいたのは、こんなところ。生駒市北部の天野川だ。
 
3
 
2
 
この2枚の写真、ほぼ同じ地点から川の上流・下流を眺めて撮影したわけだが、どちらが上流で、どくらが下流かわかるだろうか。
 
 
何気なく見ると、前者の山が開けて平野方向が下流で、後者の山が立ちふさがっている方向が上流と感じるだろう。
 
が、正解は、反対。前者が上流、後者が下流。川の流れは平野部から山側へと流れている。
よく流れを見てほしい。川の泡立ちや波が水の流れる方向を示しているはずだ。
 
1
 
もっともわかりやすいもの。川筋に段差がある。
 
川の流れは、山にぶつかるように流れて、その後は谷の隙間を縫うように大阪側へと落ちていく。そこは磐船街道と呼ばれて、結構な渓谷になっているのだが……その上流部が生駒の田園地帯なのである。
 
ちなみに、現在はトンネルが掘られて流れをよくしているが……。
 
 
目の錯覚と言えばその通りなのだが、地形的に人間の盲点をついている。

« 燃やされるリグニンと研究 | トップページ | FSCで「グローバル化」を! »

生駒山中」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/64001302

この記事へのトラックバック一覧です: 川の流れるままに:

« 燃やされるリグニンと研究 | トップページ | FSCで「グローバル化」を! »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

森と林業と田舎