無料ブログはココログ

本の紹介

« 『森怪』の置場 | トップページ | 日本農業新聞に「『樹木葬という選択』 »

2016/09/22

「木々との対話」展

土砂降りの中の東京参りは終わった。

 
出版社回りに書店回りばかりをしていたわけではなくて……雨の中で最後に寄り道するところはないか、と思ったところ、上野公園の東京都美術館で「木々との対話」という展覧会をやっているポスターを見たので足を運んでみた。
 
027
 
簡単に言えば、木彫の現代作家5名による展覧会である。
 
入場して、吹き抜けロビーでいきなり目に飛び込んでくるのは、國安孝昌の巨大インスタレーション(空間芸術作品……を指すらしい)。
 
2
 
ここに使った足場丸太的小径木は何本だろうか、どこから調達したのだろうか、こんなインスタレーションを全国の町で作れば、どれほどの小径木丸太の需要が生れるだろうか……なんて考えてしまう私は、芸術がわからんのであろう(^o^)。 
 
が、唸らされたのは、土屋仁応の木彫。5人の中ではもっとも保守的?伝統的な木彫であった。。。
 
004
 
シカであるが、タイトルは「森」である。
 
006
 
子鹿もいる。
 
何か異様な迫力を感じたのであった。そして、感想を記したボードにも、「シカがすごい」「シカが可愛い」という声が多数。
 
こんなにシカ好きが多かったのか(^o^)。きっと、観覧者に林業関係者、農山村住まいの人はいないだろう(⌒ー⌒)。
 
ならば、奈良においで。奈良県は、奈良公園のシカをネタにもっと観光客が呼べるぞ、と思ったのであった。
 
 

« 『森怪』の置場 | トップページ | 日本農業新聞に「『樹木葬という選択』 »

森林学・モノローグ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/64242066

この記事へのトラックバック一覧です: 「木々との対話」展:

« 『森怪』の置場 | トップページ | 日本農業新聞に「『樹木葬という選択』 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

森と林業と田舎