無料ブログはココログ

本の紹介

« Yahoo!ニュース「日本の山にはヘンな道が……」書いた理由 | トップページ | 岐阜県が「地域森林監理士」創設? »

2016/09/27

『運命に、似た恋』……の椅子

NHKの『イッピン』という番組で、木の椅子を取り上げていた。

 
ウィンザーチェアと呼ばれるイギリス発祥の家具だ。と言っても、紹介されているのは長野県松本の工房なのだが。
 
_20160927_200127
 
 
が、ここで取り上げたいのは、こちらの椅子ではなく、同じくNHKのBSプレミアムで始まった『運命に、似た恋』だ。めっちゃ、ラブロマンス(^o^)。大人の純愛を描いたドラマである。
 
先週金曜日に始まったばかりだが、その粗筋をドラマのHPから拾うと、
 
その少女は幼い日、ひとりの少年と再会の誓いを立てた。
いま、45歳になった彼女は、バツイチの母親。生きるために、ただ精一杯働く日々だった。
そんな彼女の前に現れた、超一流デザイナーの男。まるで境遇の違うふたりが、恋に落ちてゆく。
男はなぜ、彼女の前に現れたのか。もしかして彼は、あの時の少年なのか?
純愛と、宿命と、救済の物語。 
 
なぜか見始めてしまったのである。が、ここで私が気になったのは、カスミ(原田知世)の前に現れたユーリ(斎藤工)のこと。
彼はデザイナーなのだが、カフェの内装から家具、小物に至るまで、あらゆるもののデザインに挑戦し、その世界で若手No.1と目される存在……という設定なのである。
 
そして、二人の出会いは、クリーニングした洗濯物を届けに行った高級マンションでユーリの部屋を訪ねるのだが、そこでユーリは椅子づくりをしていたのである!
 
2
 
こんな椅子をつくっていた。ちょうど完成したばかり。そこで、彼女を座らせる……。
 
うん。なかなか素敵なデザインだと、私も思う。ウィンザーチェアの一種になるのだろうか。
実際、手すり部分を削って彫刻? をするシーンもあった。
 
1
 
そりゃ、彫刻の仕上げぐらいなら、マンションの一室でもできるだろうが……椅子をマンションでつくるだろうか? 工房というかアトリエはないのか?
コンコン木を叩いたり切ったりしたら、さすがの高級マンションでも音が響いて苦情が来ないだろうか? だいたい写真の部屋は、きれいすぎじゃね? 削り屑ぐらい落ちているべきだろ。。。。
 
とまあ、下世話なツッコミをしてしまったのであった(笑)。
 
この椅子の行方が気になるので、次回も見るか(~_~;)。ちなみに第1回の再放送は明日の深夜らしい。

« Yahoo!ニュース「日本の山にはヘンな道が……」書いた理由 | トップページ | 岐阜県が「地域森林監理士」創設? »

木製品・木造建築」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/64266834

この記事へのトラックバック一覧です: 『運命に、似た恋』……の椅子:

« Yahoo!ニュース「日本の山にはヘンな道が……」書いた理由 | トップページ | 岐阜県が「地域森林監理士」創設? »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

森と林業と田舎