無料ブログはココログ

本の紹介

« Wedge書評『森は怪しいワンダーランド』 | トップページ | 路上のスギとミントの今 »

2016/10/22

天然モノとツクリモノ

まず、この写真を。

 
1  3
 
朝顔である。みょうなところに生えている?
 
そう、これは美術館の一角だ。
 
一方、こちらは……。
 
2
 
サルノコシカケ。もはや寄生する切株とどちらが大きいかわからない。
 
 
 
実は、片方がツクリモノ。さて……。
 
もうわかっただろう。朝顔は木彫である。葉や蔓、そして花びらまで木である。薄さは何ミリなんだろうね。1ミリを割っているかもしれない。作者は、須田悦弘氏。
 
サルノコシカケは分厚くて、ゴツゴツした姿はFRPか何か合成樹脂のようにも見える。しかし、完全に天然モノだ。切株でなくて、サルノコシカケに腰掛けてみたい気持ちになる。
 
どちらが、お気に入りだろうか。

« Wedge書評『森は怪しいワンダーランド』 | トップページ | 路上のスギとミントの今 »

森林学・モノローグ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/64385199

この記事へのトラックバック一覧です: 天然モノとツクリモノ:

« Wedge書評『森は怪しいワンダーランド』 | トップページ | 路上のスギとミントの今 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

森と林業と田舎