無料ブログはココログ

本の紹介

« 森林療法のモデル?地形療法 | トップページ | ブラタモリの「青木ヶ原樹海」とオレ »

2016/10/14

「イオンの森」の草木

イオンモール大和郡山に行った。

 
その駐車場に立っていた看板。
 
Photo
 
おお、高らかに謳う「イオンふるさとの森づくり」。ちゃんと某宮脇先生の名前もあり、ショッピングモール内に4万本植えたことや、海外まで植林していることに触れている。
そして植えられた30種の草木の種類も明記してある。
 
2
 
さて、この木々を常緑樹と落葉樹、とれほどの割合か調べてみた。
 
結果は……やはり圧倒的に常緑広葉樹、つまり照葉樹が多い。
 
落葉樹は、ヤマザクラ、コブシ、ヤマボウシ、イロハモミジ、シモツケ、ムラサキシキブの6種類のようだ。これでも私としては意外と多かったな、と感じる。
 
あえてイチャモンを付けるとすると、ナンテンは在来種だろうか。中国原産のはずだ。まあ、すでに各地の山野に自生しているが。ほかにクチナシとかサザンカ、カンツバキには園芸品種も多いが、植えたのは野生種かどうか。
 
まあ、無理に文句をつけることはあるまい。植えたからには、しっかり育ててほしいものである。照葉樹だから放置しても育つ……ということはなくて、無残になるからね。

« 森林療法のモデル?地形療法 | トップページ | ブラタモリの「青木ヶ原樹海」とオレ »

森林学・モノローグ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/64348503

この記事へのトラックバック一覧です: 「イオンの森」の草木:

« 森林療法のモデル?地形療法 | トップページ | ブラタモリの「青木ヶ原樹海」とオレ »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

森と林業と田舎