無料ブログはココログ

本の紹介

« Yahoo!ニュース「木育は誰に対して…」書いた裏事情 | トップページ | FSC認証の産物 »

2016/11/06

刈り取らない稲穂

11月に入り、近畿圏では稲刈りをしていない田んぼはもうないだろう。

 
米の栽培も近年は早稲流行りで、9月に入ると稲刈りは始まり、10月も半ばでほとんど終わる。生駒近郊では、高低差もあり棚田も多いから余計に早いように思える。
 
が、たまたま見かけた田んぼ。
 
Inaho_1
 
あれ、まったく刈り取っていない。稔っているのに……。
もしやひこばえ、つまり9月の早い時期に刈り取りが終わった田んぼで、切株から再び育った稲穂か? 意外やよく稔る(実は、こちらの方が過度な肥料が抜けて美味い、とも)という。
 
が、稲の根元を観察すると、切り口はなかった。そして肝心の稲穂も背は低く、籾はついているが、全然膨らんでいない。スカスカであった。
 
Inaho_2
 
とすると、刈り取らずに放置か……。
 
もしかしたら、税金対策とか農地を守る目的で耕して作付けはしたものの、肥料もおざなりで収穫するつもりはなく、放置された田んぼかもしれない。
 
この稲穂、どうするんだろうな。。。今更収穫しても量はわずかだし、美味い米にはならんと思うのだが。やはり刻んで農地に漉き込むのが関の山か。
 
 
ふと、せっせと植林したものの、下刈り、間伐などもせず、収穫するつもりもなく放棄して線香林となり、枯れて腐っていくところを、まあバイオマス燃料にはなるか、と十把一絡げで伐られていくどこぞの山林を連想したのであった。。。
 
 
日本の農業も林業も、どこかおかしい景色が広がっておるよ。

« Yahoo!ニュース「木育は誰に対して…」書いた裏事情 | トップページ | FSC認証の産物 »

林業・林産業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/64454366

この記事へのトラックバック一覧です: 刈り取らない稲穂:

« Yahoo!ニュース「木育は誰に対して…」書いた裏事情 | トップページ | FSC認証の産物 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

森と林業と田舎