無料ブログはココログ

本の紹介

« 熟成木材って何? | トップページ | 2017年は持続的観光ジャーナリスト! »

2016/12/08

樹木が土壌を変える

樹木が土壌を変える
京都府立植物園にて。

写真の林床に注目して欲しい。
左手のモミの木の下はほとんど草が生えていない。右手のタイワンスギの下は結構生えている。

私はモミにはアレロパシー(阻害作用)があるのかと思ったが、同行した植物学者は違うという。
モミには土壌を強酸性にする力があるというのだ。樹幹流、つまり雨が葉から幹を伝わる過程で、水を酸性にするのだ。それが土壌成分をも変えて、微生物組成さえも自らの都合に合うものに変える。いわば人が腸内細菌の環境を作り上げるように。

そして驚くのは、樹木は樹皮を通して、水やミネラル成分を直接取り入れてでいるという。根から水やミネラルを吸い上げるだけでない、外循環機能があるというのだ。

植物学のパラダイムをひっくり返しかねない主張である。が、彼の10年以上の研究成果なのだ。


さて、それが正しいのか、近く発表される論文と、それに対する反応を待とう。
しかし、植物を受動的な存在とせず、環境に能動的な役割を果たしてきたとする発想は、近年の欧米の生態学の主張に近いと感じる。

もしかして、大変な現場に立ち会ったのかもしれないという、静かな興奮。


2016年、土壌ジャーナリストとして、最後のスクープである。

« 熟成木材って何? | トップページ | 2017年は持続的観光ジャーナリスト! »

コメント

論文が出たら教えてくださいねー

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/64600075

この記事へのトラックバック一覧です: 樹木が土壌を変える:

« 熟成木材って何? | トップページ | 2017年は持続的観光ジャーナリスト! »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

森と林業と田舎