無料ブログはココログ

本の紹介

« 豊後大野のバイオマス発電所 | トップページ | 人材と木材の非正規雇用 »

2017/02/01

森林の仕事ガイダンス2017

先週、森林の仕事ガイダンス2017in大阪に顔を出してきた。

 
なったって、全国から大阪に林業関係者が集まってきてくれるのだから、労少なく全国の情報を仕入れられる。そうでなくても、なんとなく会場の空気だけで近年の傾向が感じられるので、恒例行事みたいなもん。常連? の関係者とも会って、旧交を温めるというか、同窓会みたいな気分にもなるし(笑)。
 
 
2017_2
 
今年の空気は……人数的にはそんなに多く感じなかったが、若者が目立つ。とくに女子が多くなった気がした。昔は中高年ばかりで、定年後の田舎暮らしセミナーみたいだったのに比べると、かり本気度の高い人々が詰めかけているような気がした。
 
実際、採用人数も増えているようだ。慢性的な人手不足ではある。
 
2017_1
 
女子3人(プラス司会者)のトークショーも満員。観客席にも若い女性の姿が増えた。
男3人のトークショーもあったのだけど……(~_~;)。話題には、伐木チャンピオンシップも売り出し中でした(笑)。技術を身につける点で、こうした大会は効果的のようだ。
 
 
 
ま、ここで仕入れた情報は、しっかり熟成させるとして(~_~;)、私が面白いと思ったのは……。
 
実は、隣の会場なのである。そちらでは、新農業人フェアをやっていた。つまり新規就農希望者向きのガイダンス。
 
こちらもついでに覗いたのだが、農業とともに林業も教えます、という講座もあって、なかなか面白い情報を得た。こちらも、いつか使えるように熟成させるとして(^o^)、会場で見かけたコーナーに、こんなのがあった。
 
2017_1_2
 
「出展者の方が声をかけてくれるエリア」。
 
なかなかのアイデアだと思う。訪問者は、興味は会ってもブースに座って話を聞く勇気がない人もいる。また冷やかしというわけではないが、自分なりに話を聞きたいのであって、なし崩しに声をかけられてキャッチセールスみたいな状況を好まない人もいるだろう。
 
で、このコーナーに入れば、声をかけてくれるのである(^o^)。
 
農林で言えば、農の方にアイデアあり、だね。

« 豊後大野のバイオマス発電所 | トップページ | 人材と木材の非正規雇用 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

一時に比べて求人の問い合わせが減りました。
と言うか、ほとんどない状態です。

山村へ向かう若者の選択肢として農業の方が多くなってきているのではないかと言う印象。

求人は増えているようですが、山仕事の求職は伸び悩み?でしょうか。農業のような田舎のライバル的職業の募集も増えているのかもしれません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/64839191

この記事へのトラックバック一覧です: 森林の仕事ガイダンス2017:

« 豊後大野のバイオマス発電所 | トップページ | 人材と木材の非正規雇用 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

森と林業と田舎