無料ブログはココログ

本の紹介

« 生駒山の樹木葬墓地 | トップページ | 「半林半X」って…… »

2017/02/19

Yahoo!ニュース「針葉樹材が広葉樹材に…」書いた裏側

Yahoo!ニュースに「針葉樹材が広葉樹材に化ける!これは林業イノベーションだ 」を執筆しました。

 
いやあ、マニアックな内容だと思ったのに反応が大きいのでびっくりした(^o^)。
 
もともと、この情報がもたらされた時は、面白いと思いつつも「合成樹脂などを含浸させる改質木材とどこが違うの?」と半信半疑だった。
だが、実物を見せてもらって、手触りは普通の木肌そのものであること、含浸させるものが天然物由来であること……などを知り、安心して紹介できたのである。
 
2
 
上がラジアータパイン、下がスコッチパイン。ちなみに床は杉板(^o^)。
 
ラジアータなんて、梱包材とか製紙チップによく使われる木材なのたが、ここではチーク材のような風合いである。スコッチは、木目こそ針葉樹的ではあるが、硬くて重い。
 
 
ところで、この記事で、「これでスギ材がたくさん使われたらいい」という反応があったのだが、それは間違い。たくさん使いたければバイオマス燃料で燃やせばよいのであって、むしろ少量を高く売ることができる可能性に期待している。この場合の元のスギ材はA材であろう。
 
つまり、BC材ばかりが売れるイマドキに、A材の販路を拡げるネタにならないか、と思っているのである。
そのマーケットは世界。国内でスギのケボニー材を家具や内装・外装材に使ってもしれている。海外に輸出してこそ質も量も評価される。だいたい、今ケボニー化の設備持っているのはヨーロッパのケボニー社だけだし。
1
 
こちらは広葉樹材の中でも軟らかなメープル材をケボニー化で硬くしたものから作ったカトラリー。
 
まあ、いろいろ可能性は広がるのだが、まだスギ材に対しては研究・検討課題が山積みだ。あまり先走らない方がよいのかもしれない。

« 生駒山の樹木葬墓地 | トップページ | 「半林半X」って…… »

取材・執筆・講演」カテゴリの記事

コメント

ケボニーの件は、実は昨日==日曜日に、別のルートからの配信で見ました。『思いつき・・・』での記事展開(皆さんからの反応・コメント)が今後に色々と出てくるだろうと思ってます。

因みに私からのコメント→防腐目的で『含浸処理竹』を作りました。屋外テストも来月に丸一年を迎えますが、一週間前の検分に於いては・・・『良好』、です。
●ケボニー竹」って、どうですかね?!

◎ケボニー話題が盛り上がるようにと、期待しています。

おや、「別ルート」ですか。耳が早い。
竹材のケボニー化は考えていなかったなあ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/64915073

この記事へのトラックバック一覧です: Yahoo!ニュース「針葉樹材が広葉樹材に…」書いた裏側:

« 生駒山の樹木葬墓地 | トップページ | 「半林半X」って…… »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

森と林業と田舎