無料ブログはココログ

本の紹介

« 『森怪』グリーンパワー書評 | トップページ | 専門職業大学が誕生する »

2017/03/01

女子大生の土倉発表

大都会の埼玉~東京から帰った翌日は、吉野の川上村へ。

 
実は日本女子大学の学生が4人来訪したのだ。そして、土倉庄三郎について調べたことを(主に)村民に発表するという大舞台。参加しない手はありませぬ(~_~;)。
 
そもそも日本女子大学と庄三郎は、並々ならぬ関係がある。成瀬仁蔵が女子大学を創設しようと思って最初に頼ったのは庄三郎であり、広岡浅子(NHK朝ドラ「あさが来た」主人公モデル)とともに大学側には大恩がある。
 
昨年の百回忌もあって、ゼミ生が土倉家について調べたものを教授会(的なもの)で発表し、好評を博したので川上村でも行なってもらうことになったのである。
 
これを私的には、今年の土倉翁没後100年に際して行なう連続イベントの第1回と位置づけている。
 
1
 
発表は3人で。4年生二人に3年生一人。
 
内容?  いや、清々しい(^o^)。
 
特段新しい事実はなかったが、それでも女子大側に残されていた「土倉氏ヨリ借入金」(1700円分)の証書は興味深い。庄三郎は5000円を寄付したことで知られるが、それ以外にも借金の形で金を拠出していたことを示している。果たして返済されたかどうかは怪しいが……。
 
ほかにも女子大の舎監として務めた土倉千代(庄三郎の弟の孫)の話も登場する。
 
会場からいくつか質問(というか、林業等に関する解説)も出た。私も、実は甘いところを突っ込み、宿題を課す(笑)。
ついでに土倉情報の収集も依頼。このことは、彼女らの指導教官にもお願いしておいた。転んでもタダでは起きない(⌒ー⌒)。 
 
 
終わってからは村長とも面談。なぜか私も同席。
 
2 (左端が村長)
 
 
その後、彼女らは林業体験を行なうことになる。今春卒業する二人は、どちらも小学校の教師になるそうで、森を育てる林業から人づくりも学んでもらおうという趣向である。
 
私は、遠慮しましたけどね(^0^)。

« 『森怪』グリーンパワー書評 | トップページ | 専門職業大学が誕生する »

土倉庄三郎」カテゴリの記事

コメント

田中さんが映っていませんね(清清しい、お顔を見たかった)
女学生は小学校教師になるという・・・2020年に『教育指導要領』が改訂され、小学校高学年性に対して「森林教育授業」を行なう・・・とか言ってますので、女学生たちの林業体験が活かせると、良いですね。

私を見て、どうするんすか(笑)。
女子大生をアップにした写真を使うとセクハラオヤジぽくなるので自重しました(~_~;)。

発表の中で、庄三郎や成瀬仁蔵の教育に関する言葉が、教育基本法だけでなく、現在文科省が推進しようとするアクティブラーニングの発想と似ていることも指摘していましたね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/64958602

この記事へのトラックバック一覧です: 女子大生の土倉発表:

« 『森怪』グリーンパワー書評 | トップページ | 専門職業大学が誕生する »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

森と林業と田舎