無料ブログはココログ

本の紹介

« 謎の防災ヘリ | トップページ | アマゾンは人工林だった »

2017/03/08

人が食えるシカ肉とは

狩猟や有害駆除されたシカを専門に解体する施設を見学してきた。

 

5
 
到着すると、罠にかかったシカが専門の解体場に持ち込まれていた。その一部始終を見たし、撮影もしたが、ここで披露したらグロい印象を持つ人もいるだろうから、止めておく。
 
簡単に段取りを紹介すると、1頭解体するのにかかる時間は10分あまりで、それを数日間冷蔵庫で熟成させる。
 
119
 
布を巻いてあるのは、表面が乾燥しないよう。
 
そして、部位ごとに肉を切り分けるのだが、驚くほど人が食す部分は少ない。そもそも肉はシカノ体重の3割程度だが、美味しくいただくモモやヒレなどは、さらにその3割ぐらいか。
 
で、切り分けた肉は……。
 
130
 
これはモモやウデの部分だと思うが、赤身で美味しそうじゃないか。。。。
 
が、これはドッグフードの原料行きなんだそうである。人には食えたものじゃない、と。この肉も、オレンジ色だという。(人によっては、気づかず「これがシカ肉」と食べるそうだが……。)
なぜかというと、「焼けている」とか「ムレ肉」というそうだが、処置が悪くて味が落ちてしまっているそうだ。   
罠にかかっていても、数日放置したり、暴れたり、トドメを上手くさしていなかったり、あるいは死んでから時間が経っていたり。さまざまな理由で肉の味は落ちてしまう。すると市場に出せないそうだ。 
シカ肉をジビエと持て囃すのはいいが、その供給がいかに大変なことか。
 
ちなみに、私は本当に美味しいシカ肉を購入させていただきました。
 

« 謎の防災ヘリ | トップページ | アマゾンは人工林だった »

森林資源」カテゴリの記事

コメント

私も以前、近所の「狩猟男子」からジビエなど頂いたこともあり
鹿、熊、イノシシ、そしてアナグマ!も食ったことがあります。
(アナグマはさすがに上手くなかったが(^^;)件の男子が
チャレンジな男だったので、車にはねられたばっかりのアナグマ
のカレーを食べたのです。)

 そんな彼からも聞いたことがあったのですが、やっぱり
殺してすぐの「血抜き」が重要だそうですね。

 そういえば、数年前から「狩猟女子」とか話題になって
いますが、最近でも「新米姉妹のふたりごはん」という漫画
の三巻に「狩猟女子」が出てきて、鹿肉のロティ」を紹介。
コミックスの中のコラムでは結構「血抜き」の重要性やなぜ
罠で捉えた動物の肉は良くないのかなども紹介されています
http://daioh.dengeki.com/special/futarigohan/

狩猟女子も漫画に出てくる時代になったんですね~

アナグマの肉は美味いと聞きますけどねえ。轢死体だったからかな?
やはり血抜きが重要ですね。それと屠殺する直前の状況。駆除だと、罠にかかってから何日も経ったものもいるので、暴れたりストレスで身体中に毒素?が回るそうです。多分、体温が上がるからだと思いますが……。

ただ本当に罠の肉が悪いのかな。むしろ銃殺の場合は、頭を撃ち抜けばよいけれど、内臓を撃たれると肉が使い物にならない、と聞きました。毛皮にも穴が開くし(~_~;)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/64988929

この記事へのトラックバック一覧です: 人が食えるシカ肉とは:

« 謎の防災ヘリ | トップページ | アマゾンは人工林だった »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

森と林業と田舎