無料ブログはココログ

本の紹介

« 森のアーチ | トップページ | 竹藪に…… »

2017/03/24

奈良の木造率

公共建築物等木材利用促進法が登場して、国が整備する公共建築物の木造化が上がったそうだ。平成27年度調査によると、対象となった110施設の木造化率は54.5%で、5割を突破した。前年度が32.0%だから、結構な増加率である。
また公共建築物の木造率(床面積ベース)では、全国1位が秋田県(36.9%)、2位は岩手県(33.5%)。木造・木質化した公共建築物の件数のトップは、北海道の180件……とも報道されている。
 
ま、それだどうした、公共施設の定義だの考え出すと怪しげでもあるが、ふと木造建築物と言えば寺社があるから奈良県はどうだろう、と思った。
 
で、思い出したのが、先日訪れた春日大社の参道トイレ。
 
Photo
木造ではないが、屋根の骨組を見えるようにして、なかなかオシャレである。これだけで木材が強調されて気分的な木質率は高くはないか?
 
そういや東大寺のトイレも木質格子でカバーしていたっけ。全体に観光地のトイレは木質率が高い気がする。
 
 
ついでに鹿せんべい売り屋台も……。
 
1
 
売り場は、単にパラソル立てているだけの場合も多いが、こんな木造屋台で売っているところもあるのだよ。
 
こんな街角木質率も計ってほしいな(笑)。奈良県はきっと高いと思う。
 

« 森のアーチ | トップページ | 竹藪に…… »

木製品・木造建築」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/65061276

この記事へのトラックバック一覧です: 奈良の木造率:

« 森のアーチ | トップページ | 竹藪に…… »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

森と林業と田舎