無料ブログはココログ

本の紹介

« Yahoo!ニュース月間MVAに選定! | トップページ | 移動古本屋 »

2017/03/29

「樹木が土壌を変える」論文

昨年末に、土壌ジャーナリスト最後のスクープ! として「樹木が土壌を変える 」という記事を書いた。

 
そこでも触れたが、それに関する論文が発表されて手に入れたので紹介しよう。
具体的には、「樹木医学研究」第21巻第1号に掲載された「生物検定を用いて明らかにした樹幹周辺土壌の樹種特性」(伊藤幹二・伊藤操子)である。
 
党の本人のいうには、「まず入口の現象を見える化したもの」だそうで、次は森林学会に本格的な論文を発表予定だそうである。
 
ここでは、樹種によって周辺土壌の特性が変わることを示すとともに、その理由として樹幹流に注目している。樹幹を流れる水は、内皮に触れて成分を変化させ(物質交換し)、土壌を自分の都合のよい状態に能動的に変えていくというものだ。
 
これまで植物は毛細根と葉(の気孔)でしか物質交換をしないと思われていたが、近年はもっと広く環境に関与していることがわかってきた。ある意味、全身で環境と能動的に向き合っているのだ。
なんか、「人間も皮膚呼吸しているでしょ」と言われたような気がする(~_~;)。
 
 まずは要旨。
 
1
 
全部掲載するわけにもいかないので、「はじめに」を。
 
2
 
そして考察の一部分。
 
3 4
 
さて、学界では、どんな反応が出るのだろうか。

« Yahoo!ニュース月間MVAに選定! | トップページ | 移動古本屋 »

森林学・モノローグ」カテゴリの記事

コメント

通りすがりで失礼します。興味深く拝見しました。田中さまの本、昔いくつか拝読しました。応援しています。
ちなみに植物の種によって幹周辺土壌の性質が変化することや、微生物の組成や機能が変化すること、そしてその変化が次の世代(稚樹)の成長に影響を与えることなどは、結構昔から議論されてますよ。樹幹流ではなくリターの成分に着目した研究がほとんどですが。

ありがとうございます。
この論文にも先行研究が紹介されているように、周辺土壌の変化は既知ですね。その検定をレタスなどの植物を使ったところが新しいかな、と思いました。そして樹幹流に焦点を当てたところ。リターのような受動的影響ではなく、樹木が能動的に土壌を変えようとしたのでは……と思わせます。

まあ、ここに記されたのは入口ですので、本格的な論文を出たら論議が進むのではと期待しています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/65082511

この記事へのトラックバック一覧です: 「樹木が土壌を変える」論文:

« Yahoo!ニュース月間MVAに選定! | トップページ | 移動古本屋 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

森と林業と田舎