無料ブログはココログ

本の紹介

« 造園における自然美の変遷 | トップページ | 「小屋」の可能性 »

2017/04/29

タケノコ通貨の発行が……

先日、タケノコ堀りに行ったらイノシシにやられて全滅状態だった。

 
そこで、今度こそ! とまた出かけた。次に伸びてくるタケノコを、イノシシより前にゲットするのだ……!
 
そう勇んだのだが、なんと、前以上に森が掘り返されている。もはや耕運機を入れたのか゛と言いたくなるほどだ。
もともと雑木林なのだが、モウソウチクの地下茎がかなり入って毎年タケノコが出るわけで、それを「森を守るためにタケノコを駆除しているのだ」と嘯いていたのだが……。
 
今年は、イノシシさんがタケノコ駆除に協力してくれたらしい。
ありがとう……。
次は、イノシシを駆除したい(-_-メ)。
 
タケノコは、店で買うものではないと思っているから、今年はタケノコを味わうことは無理かと思えたのだが、しつこく探すと……ありました!
 
2
 
小っちゃ!  10センチくらいしかない。これの皮を剥くと、本当に小さくなる。
 
それでも、新物を味わいましたよ。美味しゅうございました。
しかし『森は怪しいワンダーランド』にタケノコは地域通貨だ、と記したが、今年は通貨の発行ができないかもしれない。自家消費するのが精一杯では、近隣に配れない。このままではデフレになるではないか。
 
もっと頻繁に見回ろうかな、と思った次第。まだまだ捲土重来、臥薪嘗胆、失地回復、起死回生、リベンジ……。通貨発行権を我が手に取り戻さねば。
 

« 造園における自然美の変遷 | トップページ | 「小屋」の可能性 »

生駒山中」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/65214089

この記事へのトラックバック一覧です: タケノコ通貨の発行が……:

« 造園における自然美の変遷 | トップページ | 「小屋」の可能性 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

森と林業と田舎