無料ブログはココログ

本の紹介

« 復活したセンダンとアジサイ | トップページ | Wedge『ジビエ・ビジネス』がネットに公開 »

2017/05/31

コジイの板根

生駒山系の一角のお寺の境内に、見事な照葉樹林が残っているところがある。

主にコジイ(ツブラジイ)林なのだが、周りがゴルフ場や農地になった今、かなり古い植生を今に伝えていると思われる。
 
そんな参道を歩くのも、なかなか風情のあるもの……というか、私的には森林療法のような癒しなのだが……。
 
4
 
ふと、目についたのは、コジイ(だと思う)の大木の根元である。
 
006
 
これ……バットレス、つまり板根になってるんじゃないの?
板根とは、薄い板のようになった地上に露出した根のこと……細胞的には根ではなく、幹の一部が変形したのかもしれない……だが、よく熱帯雨林で見かける。幹の太いの数倍の広さに板根を放射状に伸ばすことで、巨木が倒れにくくなっている、と説明される。
 
が、温帯の木ではあまりみた記憶がない。
 
それが、この境内のコジイでは、どれもが板根を持っているではないか。
 
008  010
 
今頃気がついたの、と言われたらそれまでだが、これまで多少の根の張りがあっても、板根という言葉が浮かばなかったのに、ここでは根が十分に薄く、しかも地上部に張りが大きいのだ。
 
熱帯の場合、土壌は薄くて栄養分の蓄積も少ないから板根になりやすい、と聞いたことがあるが、ならばこの境内も土壌が痩せているのだろうか。。。。そうは見えないのだが。
 
それともコジイという樹種の特性か? ほかの樹木では、板根らしきものは発達していなかった。
 
 
森の中では樹冠を見上げることが多いのだが、少しは根回りにも眼を向けようかね。
 
 
参考までにボルネオの熱帯雨林の板根の発達した木。
 
8  

« 復活したセンダンとアジサイ | トップページ | Wedge『ジビエ・ビジネス』がネットに公開 »

森林学・モノローグ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/65353333

この記事へのトラックバック一覧です: コジイの板根:

« 復活したセンダンとアジサイ | トップページ | Wedge『ジビエ・ビジネス』がネットに公開 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

森と林業と田舎