無料ブログはココログ

本の紹介

« 「謎の路上植物」の正体 | トップページ | 村尾行一著『森林業』は、森林文化論である »

2017/05/06

宙に浮くサクラの花びら

例によって? 道からそれて森の中に入った。

 
理由は、カポカポと鳴る水の音に引き寄せられたのです(^o^)。
 
スギ林の中にせせらぎを見つけて納得。そのまま急斜面を登っていくと、いきなりサクラの花びらに包まれた。一応スギ林なんだけど……。良く見ると、山桜ぽいサクラの木があった。当然ながらこの花を見た人がいるとは思えず、人知れず咲いていたのだろう。
 
サクラの花びらは周囲一面に落ちているのだが、実は空中に浮いた状態の花びらも多数あったのだ。
 
 
2
 
こんな感じ。何も散っている花びらの一瞬を切り取ったわけではなく、花びらは宙に止まっている。こんな状態が広がっているのだ。
 
ま、ナゾでもなんでもなく、クモの巣に引っかかっているのだけどね(o^^o)。
 
でも、風流である。これを楽しめたのは私だけなのだから。

« 「謎の路上植物」の正体 | トップページ | 村尾行一著『森林業』は、森林文化論である »

森林学・モノローグ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/65245007

この記事へのトラックバック一覧です: 宙に浮くサクラの花びら:

« 「謎の路上植物」の正体 | トップページ | 村尾行一著『森林業』は、森林文化論である »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

森と林業と田舎