無料ブログはココログ

本の紹介

« Yahoo!ニュース「CLTで林業振興は夢となる?」を書いた裏事情 | トップページ | 伸びる伸びる…… »

2017/06/27

木を売るか家具を売るか

ちと変わった店を発見。

 
奈良のイオンタウンの中にオープンしたのだけど……。
 
008
 
無垢の板がズラリ!! 銘木屋か? イオンタウンを訪れるお客さんは、木工家が多いのか?
 
こんな一角もあった。
 
015
 
奥に巨大な原木が置いてある。スライスしてあるけど……。
 
手前のテーブルを見たらわかるだろう。そう、この店は家具を売っているのだ。無垢材による家具を販売しているのである。主に扱うのは無垢の天板のテーブルらしい。
 
 
004
 
全体を見回すと、こんな感じ。たしかに家具が並んでいる。が、圧倒的に(私の)目が吸いよせられるのは板だ。幅1メートル近い無垢板もある。
 
ナラ(ミズナラか)のほか、ウォールナット、サクラ(カバザクラ)、トチ、クルミ、クリ、セン、ケヤキなどが並ぶ。
 
システムとしては、家具を注文する際に気に入った板を選んで、それから要望に合わせたオリジナル設計を行う。つまりオーダーメイドである。
 
パンフレットによると、工房・工場は奈良市の山間部にあって、販売店は各地にいくつか持っているらしい。つまりわりと手広くオーダーメイド家具を販売しているのだ。個人の家具職人の工房なんかとは違う。
もちろんお安くないが、板価格がそのままテーブル価格になるらしい。
 
 
この店のシステムは、なかなかクライアントの心を上手くくすぐっていると思う。最初に完成した家具を見てその中から選ぶのでは、必ずしも自分のほしい物と一緒にならない。かといって、自分でイメージどおりの図を描くのも難しい。しかし、原材料の木の板を見て想像を膨らませながら設計してもらうのは満足度が高まるだろう。最終商品をほしい際に原材料から選ぶということに価値がある。
 
そこで私が感じたのは、木を売る場合は、逆に最終商品を見せながらスタートできないか、ということだ。 家具を売るために原木を見せる……。ならば木を売るために最終商品につなげることも重要だろう。
何も家具を見せて原木を売れ、というのではない。たとえばシイタケを見せて、これを栽培するためのコナラのホダギを売る。料理を見せて割り箸を売る。木の使い方から紹介して行くことも必要かなあ、と感じたのだ。
 
 
経済の拡大期ならば、分業が強みとなるが、縮小期に入った今、全工程を握ることが強みとなる。川下からも、川上からも。
 
 
そうそう、お店の名前を書かないと失礼だよね(^o^)。
 
手づくり工房風樹の塔 。ふきのとう、と読むらしい。社名は、有限会社カントリーハウス。
 
 
 

« Yahoo!ニュース「CLTで林業振興は夢となる?」を書いた裏事情 | トップページ | 伸びる伸びる…… »

木製品・木造建築」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/65464540

この記事へのトラックバック一覧です: 木を売るか家具を売るか:

« Yahoo!ニュース「CLTで林業振興は夢となる?」を書いた裏事情 | トップページ | 伸びる伸びる…… »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

森と林業と田舎