September 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

森と林業と田舎の本

« ブルーベリーが庭木に | トップページ | 『明治乙女物語』と土倉翁 »

2017/07/18

1917年7月19日

今日は、2017年7月18日。つまり土倉庄三郎の忌日(1917年7月19日)より100年を迎えようとしている。

 
没後100年その日を前に、100年前の庄三郎の様子を描いてみよう。
 
 
もともと庄三郎は壮年時の飲酒のため胃腸を悪くしていて、終生悩まされていたらしい。それでも晩年は酒を絶って体調を維持していた。日々の食事の中には、牛乳と鶏卵が入っているところは、一般人とは違うところだろう。
 
大正5年(1916年)からは、旅に出ず、山の案内も自分ではしなくなり、老いが深まったらしい。
 
翌大正6年7月2日に、軽微な腹痛と身体のだるさと訴え、主治医の川本恂蔵を呼ぶ。川本は三女・糸の配偶者で同志社病院の副院長だったという。
 
徐々に回復して、6日7日に回復の兆しがあった。しかし、再び容体は悪化する。
 
13日に、四女・小糸の配偶者・佐伯理一郎(同志社病院院長等)も往診。面会謝絶となる。親族にも内報して急ぎ集めた。
京都医科大の島薗博士の診察も受ける。 
 
この頃か、もう回復は難しいと自覚するや、むしろ心は落ち着き安泰となり、静かに念仏を唱えた。時に枕元の人々に、宗教の大切さを説き、子供孫らに「極楽への旅立ちはむしろ歓喜すべきなり」と逆に諫めたという。
 
19日、正午に松浦博士の来診。注射によってわずかに意識をつなぐ状態となる。
午後4時50分、息子娘・孫ら近親者に見守られ逝く。
 
病名は、髄性肝臓ガン。末期の苦しみもなく穏やかに息を引き取ったそうである。
 
 
五男・五郎の句が残されている。
 
雲の峰父は佛となり給まふ
 
葬式と葬列
 
003
 
006

« ブルーベリーが庭木に | トップページ | 『明治乙女物語』と土倉翁 »

土倉庄三郎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1917年7月19日:

« ブルーベリーが庭木に | トップページ | 『明治乙女物語』と土倉翁 »

無料ブログはココログ

森と林業と田舎