無料ブログはココログ

本の紹介

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年7月

2017/07/31

ナラ枯れの後に

暑い盛りだが,無理して森の中を歩いた。たまには自然の中で汗を流そう。

 
そして、案の定ナラ枯れを見る。主にコナラやアベマキ、クヌギの大木が枯れているのだ。まだ生駒山系では終息していないようだ。あちらこちらと葉が赤く染まった立ち木が目に入る。カシノナガキクイムシが穿入して増殖すると、幹の導管が詰まって水が上部に上がらなくなる。そのため萎凋するのだ。まるで夏の紅葉のよう。
 
おそらく夏が終わるころには枯れるのだろう。全部ではなく、一部は生き残り来春再び新芽が出ることもあるから焦らないで見守りたいが、すでにここ数年のうちに随分枯れた。
 
その跡地が目に入る。
 
008
 
なんだか森が明るくなったみたい。もっとも葉を多くつける夏は、落葉樹林であってもわりと暗い森になるのだが、すっきり日射が林内に射し込んでいる。ナラ枯れで葉が落ちたからだろう。加えて枝も朽ちて随分落ちている。
 
009
 
こちらは、ナラ枯れ木を伐採した現場。大木が除かれたわけなので、当然ギャップができて明るくなっている。
 
こんな風景を目にすると、ナラ枯れも自然の節理だな、と感じる。森を暗くしていた大木が枯れて倒れて、次の遷移に繋がっているのだから。
もっとも、遷移の方向がどちらかが問題で、明るくなった林床から次の落葉樹の稚樹が伸びているのなら「森の若返り」と言えるのだが……。
 
どうやら観察したかぎりでは、新たに伸びているのはほとんどが照葉樹のよう。もともとコナラの下に育っていた稚樹はカシやソヨゴなどが多かったからだろう。落葉性のアカメガシワなどもあるが、こちらは高木にはなるまい。これらが育てば照葉樹林になってしまうし、高木になるかどうかもわからない。
枯れたナラからは萌芽も実生も育っていない。ドングリは毎年大量に落ちるのだが、多分、イノシシやノウサギ、それに虫などに食べられてしまうようだ。(シカはいない。)
 
そんなわけで、ナラ枯れ後は落葉樹林を保つ効果は少なそうだが、それも時間の尺度による。栄枯盛衰があって、100年くらい経ったらまた照葉樹から落葉樹へもどる遷移も起きるのではないか、と想像している。
照葉樹の一強時代がずっと続くとは思えないのだよ。
 
その原因が何かはわからないが……山火事かもしれないし、斜面崩壊かもしれない。カシナガに負けない照葉樹特有の病害虫が広がることだってあるかも。
 

2017/07/30

謎の糞

春日山の遊歩道で見かけた糞。

 
096
 
これ、何の動物だろうか。糞と言っても、残っているのは消化不良の木の実ばかりのようで、わかりにくい。
 
イノシシにしては少なすぎるように思えるし、シカの糞とは形状が違うような。。。イヌやタヌキはこんなに木の実を食べないだろう。意外と見当がつかないのである。
 
もっと糞学を極めないといけないなあ(~_~;)。

2017/07/29

化石燃料車ゼロ時代が迫る

先日、新幹線に乗っていると、電光版ニュースに「英国もガソリン・ディーゼル車販売を禁止」と流れた。

 
おっ、と思った。なぜなら講演で「フランスのマクロン大統領がガソリン・ディーゼル車の販売を禁止すると宣言した」ことを紹介したばかりからだ。どうやら世界は本気で環境問題に向き合いだしたらしい、という意味で。この内容にイギリスが追随したのである。どちらも2040年までに化石燃料で走る車の国内販売を禁止するという。
 
その後、新聞にも掲載されていたが、いかにも扱いが小さい。あんまり本気にしていないのだろうか。まだ20年以上あるから、大統領が変わったら取り消されるよ、とでも?
 
Photo
 
だが、この2カ国が販売禁止を実行したら、ほかの国も追随するところは出るだろう。たとえば中国はEVの普及率が意外なほど高い。その際に自動車業界も大改変を迫られる。化石燃料を使わない車となれば、有力候補はEV(電気自動車)だろう。水素自動車もある。(私自身は、水素エネルギーは自動車より発電所に向いているのではないかと感じているが。)
 
そもそも動力源だけの問題ではなく、EV化することで自動車の性能自体が大きく変化する。そこに魅力が生れたら、世界の需要は一斉にEVに流れるだろう。フィルムカメラがあっという間にデジカメに取って代わったように。
 
しかし、日本人は「電気だってCO2出すし」とか「技術がまだまだ完成していない」「エンジンの音が好きなんだよ」とか言い訳ばかりして後ろ向きだ。しかし、欧米では目標を掲げてそこに達成するために今から何をするかを考えて動き出している。
 
もし欧米が先んじたら、日本車の海外販売量は狭まり、国内でしか売れないガラパゴスになる。いや国内だって、ガソリン車はどんどん売れなくなるだろう。ハイブリッド車も、世界的にはエコカー扱いされなくなる。(結局ガソリンを燃やしているから。)気がつけば、欧米メーカーの下請けに?
 
そんなパラダイムの転換が起きつつあると思わないか?
 
 
鈍い。日本の鈍さは、オリンピックのレガシーを反故にしても気にしなかったり、違法伐採木材を真面目に取り締まらないことと同根ではないか。変わりたくない症候群? 見たくないものは見えないことにする正常化バイアス? だろうか。
 
自動車だけでなくさまざまな分野で同じことが進行中だ。木材の利用方法もガラリと変わるかもしれない。それに対する備えは、20年前からやっておかないと間に合わない。

2017/07/28

ベンチをつくろう!

昨日のYahoo!ニュースの記事 で、オリンピックの選手村施設に木材を無償提供すると、大会後に返却されて「オリンピックで使用された木材です」と掲げて再利用できる、という発想であることを紹介した。

 
ただ、要項をよく読むと、
 
後利用においては、国際オリンピック委員会の規定により、商業目的での使用はできない。譲渡や売却を行う際にも、商業目的での使用を禁止することを条件づけることが求められる。
 
とあった。なんだ、オリンピックのレガシー(遺産)だぞ、と自慢して再利用するにしても、窮屈なことではないか。実質的に民間には使わせないということか。無償提供しても、その金額を取り戻せるような使い道は禁止なのだ。
 
では、公共施設で何に利用できる? 一度使われた木材ということは寸法も決まっているし、量もしれている。せいぜいベンチくらいではないか、と私はSNSに皮肉ぽく記したのだが、ふと我に返った。
 
ベンチ。いいじゃないか。
 
地元生駒の駅前に「日本一短い商店街」なんて自慢?している通りがあるが、ご多分に漏れずに廃れている。シャッターが下りた店も結構ある。私は、せめてここにベンチを置かないか、と提案したことがあった。
なぜなら商店街を歩くのはお年寄りが多いからだ。彼らに座ってもらうことで、滞在時間を長くできる。幾人か座ればよもやま話に花が咲いて賑やかになる。どうせなら、ベンチの周辺に飲料やスナック系の食べ物の出店を出せば、座った時に食べたり飲んだりするだろう。
そのうち小中高生も学校帰りに座りだすかもしれない。もしや年寄りと小学生の交流が始まるかもしれない。馴染になれば、そのうち買い物もするだろう。
 
……という発想であった。私も、その商店街をしょっちゅう歩いて座るところが欲しかったし、学生がつるんでいるのを見ていたからである。
 
そして、先例もあるのだ。
 
 
2
 
これは、長野県上田市の駅前商店街。空き店舗のシャッターの前を見映えをよくしようと木材で飾りつけ、ベンチを置いた。すると人が溜まりだしたそうである。それも地元の人だけでなく、観光客が座って話し込んだりしているらしい。(上田市は真田一族の里であり、上田城もあるのでわりと観光客が多い。)
 
5
 
これも殺風景な配電盤を隠すために木の囲いをつけたのだが、横にベンチを置いた。プランターもある。
 
8
 
すると、このようにお年寄りが座って愛嬌を振る舞ってくれる(^o^)。チェンソーアートの展示場にもなるし、街の雰囲気をよくすること間違いなし。
 
 
そういや、生駒にもあった。
 
商店街ではないが、某テーラーの前のバス停に。
 
2_2
 
木のベンチに、パックワークした布を張るだけで、いきなりオシャレになるではないか。バスを待たなくても座りたくなる(笑)。ただし、このベンチは、テーラーが引っ越した際に取り除かれてしまった。。。
 
 
ベンチから始まるまちづくりだ。ただし、金属や樹脂製のベンチでは、風情がない。やはり木製だろう。ある程度、デザインに統一感を出すことも必要かな。あるいはデザインを競い合うか。
 
こうなりゃ、オリンピックのレガシーなんぞドーデモよいから、ベンチをつくろう。

2017/07/27

Yahoo!ニュース「オリンピック選手村施設を…」を書いた理由

 
この計画に関するニュース、ネットで炎上中(^o^)であることは知っていた。だから私は触れるつもりはなかった(笑)。
 
にもかかわらず、いきなり書いたのは、Yahoo!ニュース編集部から「ご提案」があったこからだ。依頼ではなく、命令でもない、「このニュースについて書きませんか」という提案。
 
まあ、考えてもいいけど、私、取材帰りで疲れてるんで、すぐにはなあ……という鈍い反応しました。
 
でも、その場から書き始めた\(^o^)/。
 
何も女性の編集者から頼まれると断れないとか、いきなりこの話題に目覚めた! とか言うのではない。
溜まっている原稿、どれから手をつけよう。早く始めないと月末には大変なことになる……と考え出したら、鬱になって現実逃避したくなった。今急がねばならない仕事を回避して手をつける、締め切りもない仕事。それがYahoo!ニュースだったわけ。。。オイオイ。
 
結局、2時間ぐらいで書いたか。遅筆の私が、Yahoo!ニュースを書くのは早かったりする。
 
 
しかし、通常は世間で騒がれている話題ほど乗らない私が、編集部のススメがあったからこそ手をつけられたわけで、その点は感謝しなくてはならん。実際、アクセスも多いようだ。
私の独断だと、常に他人の知らないことばかりを探して執筆するので、アクセス数は二の次になっちゃうのだよ。
 
ああ、これで今日の仕事はした。残りの原稿は明日に……と、先延ばしする(⌒ー⌒)。

2017/07/26

長篠城址に木を見る

東三河を訪れたのだが、車を走らせていると設楽が原とか長篠など戦国ファンにはなじみのある地名が次々と出てくる。

 
そう、武田勝頼率いる武田軍と、織田信長・徳川家康連合軍が激突した長篠の合戦の舞台である。世に、長篠の鉄砲三段撃ちなどと言われるが……その真偽はさておき、車を走らせていると「長篠城址」との看板が目に入り、瞬時にハンドルを切った(笑)。
 
実はこの城、長篠の合戦の主戦場ではないのだが、武田軍を釘付けにしたという点では合戦の行方のターニングポイントである。もっとも城というより砦だろう。縄張り範囲は10ヘクタールぐらいあるらしいが、城址として残っているのは本丸部分のわずか。
 
が、意外や見どころは多かった。
 
Photo
 
いきなり訪問者を迎えるケヤキとモミの大木。
 
2
 
武田勝頼が落ち延びる際に挿した桑の杖が、逆さに生えたと伝わる「さかさ桑」。
 
 
3
 
長篠城の戦いが、アメリカのアラモ砦の戦いに似ていると、アメリカから献木されたライブ・オークの植樹。
 
ほかにも皇族の植えた松とか(枯れてるけど)、カエデやクス、サワラ?などの大木もあり、なかなか見どころいっぱいなのだ(木ばかりだけど)。

2017/07/25

収穫できないゴーヤ

自宅のベランダにゴーヤを植えた。

 
いわゆる「緑のカーテン」効果を狙うとともに、当然ながら収穫も期待する。
その前にベランダにラティスを設置。これで陽射しを遮りつつ、家の中を除かれない効果も期待する。 
 
ただし台風対策として、キッチリ固定した。具体的には縄や針金でかなりがんじがらめ。風で飛ばされることはないだろう。また足元はプランターで押さえてある。(ラティスは風を吹き抜けるから、たいして風圧は感じないだろうけどね。)
 
20170724_235005  
 
 
で、今頃気づいた。ラティスの外側に稔ったゴーヤの収穫ができない。。。どう手を延ばしても届かん。
あのベランダの鉄の手すりにくくりつけた縄類をコツコツほどく元気もない。
 
どうにもならないうちに、ゴーヤは色づき……もうすぐ落ちるな(泣)。。。。

2017/07/24

名古屋城って。。。

先日、名古屋城を見学した。

 
尾張名古屋は城で持つ……だそうで、しかも木造復元化計画も進行しているとのことで偵察の心持ちであった。
 
2
 
これが全景。正直、ずんずりむっくりというか下半身デブ(笑)。美しい城というよりは、質実剛健? これはコンクリート製だが、戦前の木造城を外見だけは真似て復元したそう。
 
5
 
これは、石垣こそ昔のままなんだろうが、天井は?何、これ。鉄板かあ?
……いやあ。その。困った(笑)。
 
さらに何が驚くって、天守閣の入口の立て看板でしょ。
 
 
4_2
 
耐震性能が劣化している? 震度6強程度の自身で崩壊する?
それなのに観光客を入れていいのか。
警備員やスタッ目の指示に従え? どんな指示が可能なのか。地震は警報出てから何秒後に起きるのかわかっているのか。30分も1時間もあるわけない。早ければ数秒後、長くても30秒とないだろう。逃げようがないだろう。
 
しかも木造化が耐震に繋がるとは、勇気ある発言だ。そりゃ,CLTで建てるんならいいけどね。なお、展示もびっくりというか、苦笑いというか。。。
 
名古屋城が、こんなにツッコミドコロ満載とは思わなかった。
 
まあ、私は、可愛い女性と一緒に見学したから満足したけどね\(^o^)/。
 

2017/07/23

九州北部大水害の現地調査報告

7月5~6日に発生した福岡県から大分県にかけての水害は、そろそろ復興の動きを伝えるようになっている。

 
私のところには、「水害と森林」についての執筆依頼が舞い込んでいる。今度はYahoo!ニュースみたいに速報性にこだわって自らの意見だけで書くのはよろしくない。
とはいえ、現地を取材する時間も経費も出ない(-.-)し、まあ、水文学が苦手と自認している私が現地に入っても役立たずだろうな、と思う(~_~;)。
それでもなんとかするべく、苦手な水文学関係の本や論文をひもといたり、水文学の研究者に問い合わせたり……と頑張っているのだよ。。。
 
と、ここで愚痴をこぼす必要はないのだが、現地調査報告が、意外と早く出された。これは有り難い。(調査は、森林総合研究所、林野庁、九州森林管理局、福岡県、大分県によって行われた。)
 
 
 
これはなかなか示唆に富んでいる。林業と関係していそうな部分をいくつか抜き出してみる。
 
 
【山腹崩壊等について】
(4)調査を行った箇所において、山腹崩壊が発生した森林と発生していない森林があったが、間伐等施業実施の有無による崩壊発生の関連は確認できなかった。
(5)崩壊地上部斜面等に根が露出している立木を調査したところ、根系の深さは約1~2m程度であり、地質条件に応じた深さまで成長していた。また、崩壊は表層崩壊が多かった。
(6)調査を行った崩壊箇所では、作業道や土場等は確認できず、作業道等が原因となり崩壊が発生したものは確認できなかった。
 
【流木について】
(1)山腹崩壊地直下の渓流に残存している流木は根付きであったことから、流木は、立木が崩壊土砂とともに流下したものと認められる。
(2)渓流内に堆積している流木は根付きの状態のものがほとんどであり、幹は折損しているものも多数あった。なお、林内で伐採されたと考えられる樹木も存在していたが、ごく一部であった。
 
幸いにも、私がYahoo!ニュースに記した内容とさほど大きく食い違っていないようなのでホッとする。
 
一方で俄か勉強と取材のおかげで新しい知見も得たのだが、それは依頼原稿に執筆しよう。

2017/07/22

Yahoo!ニュース「人骨かじるシカ、ベジタリアンのクマ」書いた裏側

Yahoo!ニュースに「人骨かじるシカ、ベジタリアンのクマ……動物の食性は融通無碍 」を執筆しました。

 
 
冒頭は、シカを襲う野犬の話題だが、きっかけはその次に触れたナショジオの「人骨かじるシカ」だった。それからの連想で、小鳥を食っているシカの映像も思い出した。
 
一方で、肉食うイメージの強いクマのベジタリアン化が進んでいる研究報告も思い出す。
これらをまとめれば記事になるかも……と思いついたのだが、イマイチきっかけをつかめなかったところに「シカを襲う野犬」が現れたわけ。
 
ちなみにオオカミ放獣論者に対する反論の一つにもなることも、当然思いついた。遺伝子的にはイヌと同じオオカミが人を襲わない理屈なんかないからだ。
 
……でも、コメント欄には、人が襲われるリスクを負うてもオオカミを放せ、という意見が載っている(泣)。。バカやん。
ついでに「クマは肉食だ」という書き込みもある。いよいよバカまるだし。
 
そうそう、奈良公園のシカに噛まれた、という被害届も出ているそうだ。そりゃ、シカせんべいのやり惜しみをしたからでしょ。シカに狂犬病はないからご安心を。

2017/07/21

割滝調査

川上村の「割滝」調査を行った。

 
と言ってもわかりにくいだろう。割滝とは、村内大滝集落前の吉野川の流路を掘削して筏を流せるようにした人工的な水路を指す。
 
Photo
 
これは、Googleマップ。吉野川は右下から左上へと流れているが、白い波がたっている水路の上の岸辺沿いにまっすぐな水路が見えるだろう。これが割滝だ。現在は、通常水は流れていない。ダムが放水するなど水位が上がった時には流れる。
 
この開削を主導したのは、土倉家、とくに土倉庄三郎である。
 
江戸時代から吉野川に丸太を流して木材の搬出をしていたが、一本ずつ流す(管流し)ではなく筏に組んで流せるように、徐々に下流から上流へと河川改修を進めていた。これによって輸送力が大きく変わる。とくに大滝より上流から筏で流せるかどうかは大きなポイントだった。
 
土倉庄三郎は、明治5年に川上郷水陸海路会所を設立している。水路整備、つまり川の浚渫や開削を行う会社である。そして川上郷のより上流まで川幅を拡げる工事を行った。
 
割滝も、その際により広く開削したのだろう。当時はダイナマイトもなく、ノミで削るほか、岩の上で長時間焚き火をして岩を割ったと伝わる。
 
 
Photo_2
 
戦前の絵はがきより。なかなか勇壮な筏下りシーンである。
 
 
これまで存在自体はよく知られていたが、対岸ゆえにわざわざ調べた人はいなかったらしい。それを調査したのである。おそらく筏流しが消えて数十年、眼前に見た人も少ないに違いない。また大滝ダムができてからは水質も悪くなって、川で泳ぐ人もいなくなった。
 
間近に見ると、こんな感じ。これは下流側。これだけUの字型に掘削している。
 
058
 
 
037  034
 
計測調査中。
 
結果として、長さ約88メートル。幅は3~5メートル1深さは1~1・8メートルだった。これも、いつか精密な測量をすべきだね。
 
002  概念図。ちゃんとした測量図ではありません。
 
ただ調査では、削岩機で穴を開けた跡があり、おそらく昭和に入ってからも拡張を行ったのではないかと思われる。どこまで庄三郎の手のつけた部分なのか区別できなかった。文献調査なども加えて、いつの時代にどんな工事を行ったのか調べるべきだろう。
ちゃんと調べたら、森林学会、土木学会等に発表できるんじゃないか?
 
 
今回は、その触りということで。

2017/07/20

ホッとする写真集と画集

疲れると、文字を追えなくなる。昔は空き時間があれば本を読む、少なくても文字情報を追いかけていたが、最近はねえ……。。。

 
で、そんな時のためにブックオフで購入した(~_~;)、写真と画集。
 
003
 
『月光浴』(石川賢治)は、以前から興味があり手に取っていたのだが、購入に至らなかったところ、今になってこんなに安く手に入るとは! 
古い本とはいえ、ほとんど傷んでいない。
 
月光だけで撮影するという発想が素晴らしい。そして描かれるこの世とは思えない風景。やった、いや、やられた! と思ったね。
月光は太陽光の465000分の1の光量らしいが、だからこそ浮かび上がる世界があるのか。
 
写真集の価値と言えば、まずは被写体であり、アングルである。多くのフォトグラファーは、そこで自らのテーマを選び、腕を競う。
 
人物。風景。動物や昆虫、植物をテーマにすることもあれば、戦場とか労働、あるいは子供……と社会派にも自然派にもなれる。
 
が、それとは別に、写し方を変える手もある。モノクロ、セピア色写真というものから、最近流行ったのが魚眼レンズによるトイカメラ風写真だろうか。以前、胃カメラのレンズを使って野外の昆虫の世界を撮った写真に驚かされたことがある。
今回は高感度カメラを使ったわけだが、何より月光をテーマにしたのが憎い。
 
ちょっと無粋な書き方をすると、写真界のイノベーションだと感じるな。テーマにする被写体をいかに撮るかアングルとか露出とかシャッター速度で工夫する従来の写真から、技術に加えて発想の別次元へ一気に飛んだような。
 
 
こんな写真を見ていると、癒されるだけでなく自らにとってのイノベーションを想起するわけよ。。。
 
あ、おおた慶文の『風色のくちづけ』は、まあ、なんといいますか、私の美少女趣味と言いますか(^^ゞ。。
いわゆるアニメの「萌え」少女は苦手な私だが、おおた慶文の写実的なようでいて夢想的なイラストはホッとする。こっちでも癒しをいただくよ。

2017/07/19

『明治乙女物語』と土倉翁

今日は土倉庄三郎の没後100年を記念して、翁が設立に深く関わった同志社を探訪するツアー(川上村主催)に参加した。主に見学したのは、同志社大学、同志社女子大学である。

006
 
私が土倉庄三郎を追いかけた際、多くの事績の中でも興味を引いたのは、女子教育に力を入れた点だった。自らの娘以外にも多くの女子に教育を就けさせるための援助しているし、女子校に多額の寄付も行った。女子が学ぶことを大切とする発言も数々示している。
 
当時の時代背景や山里の古い名家の出身であること……などを考えると、なぜ庄三郎がこれほど女子教育に理解があったのか不思議なのだ。
同時に、幼少時にいきなりキリスト教(西洋)式の学校に親元を離れて預けられる子供たちに思いを馳せた。世間の眼も学ぶ女子に決して温かいとは言えなかっただろうに。。。
 
 
さて、今日は翁の命日だからこそ、小さなわだかりを爽やかな風でぬぐってくれるような小説を紹介したい。
 
Photo明治乙女物語』 滝沢志郎
 
時は明治21年、いわゆる鹿鳴館時代の高等師範学校女子部。今のお茶の水女子大である。
 
ここで学ぶ女子学生の青春の群像劇を、当時の文明開化の風俗とともに、軽いミステリー仕立てで描く。帯文にあるとおり、今年度の松本清張賞の受賞作で選考委員の絶賛を浴びた作品だ。
 
緻密に描かれた明治ならではの社会背景を舞台に、今と変わらぬ感性を持った女子学生が精一杯生きる。虚実取り混ぜたストーリーなのだが、それは世相と戦う「戦う乙女」であり、新しい世を切り開く女子の姿を感じる。
※ストーリーは、Amazonのリンクにでも飛んで読んでほしい。
 
 
彼女らを前にして行われる森有礼文部大臣の演説には、ついジーンと来てしまった。それは結びにかけて限界を見せるのだが、それもまた時代に翻弄される象徴のようでもあり……。
本書は、明治の女性を通して現代社会の内面を照射しているかのように感じたのだ。
 
 
私は、土倉翁を追う過程で、自由民権運動の中の女性たち(影山英子ら)や、新島襄と八重、また広岡浅子を知った。同志社女学校の生徒たち、中でもアメリカに留学後、陰の外交で活躍した土倉政子らの姿を知った。それが登場人物と重なってしまう。
 
とりわけ今日のツアーでは、新島八重の存在を改めて感じた。会津戦争では男の藩士に混じって戦ったジャンヌ・ダルクであり、後半生では戦場で傷ついた兵士を治療するナイチンゲール(看護師)となり、晩年は男のものだった茶道を女性に開放した。時代と戦う乙女そのものだ。
 
八重の背後に小説のような乙女が続いたかと想像するのも一興である。

2017/07/18

1917年7月19日

今日は、2017年7月18日。つまり土倉庄三郎の忌日(1917年7月19日)より100年を迎えようとしている。

 
没後100年その日を前に、100年前の庄三郎の様子を描いてみよう。
 
 
もともと庄三郎は壮年時の飲酒のため胃腸を悪くしていて、終生悩まされていたらしい。それでも晩年は酒を絶って体調を維持していた。日々の食事の中には、牛乳と鶏卵が入っているところは、一般人とは違うところだろう。
 
大正5年(1916年)からは、旅に出ず、山の案内も自分ではしなくなり、老いが深まったらしい。
 
翌大正6年7月2日に、軽微な腹痛と身体のだるさと訴え、主治医の川本恂蔵を呼ぶ。川本は三女・糸の配偶者で同志社病院の副院長だったという。
 
徐々に回復して、6日7日に回復の兆しがあった。しかし、再び容体は悪化する。
 
13日に、四女・小糸の配偶者・佐伯理一郎(同志社病院院長等)も往診。面会謝絶となる。親族にも内報して急ぎ集めた。
京都医科大の島薗博士の診察も受ける。 
 
この頃か、もう回復は難しいと自覚するや、むしろ心は落ち着き安泰となり、静かに念仏を唱えた。時に枕元の人々に、宗教の大切さを説き、子供孫らに「極楽への旅立ちはむしろ歓喜すべきなり」と逆に諫めたという。
 
19日、正午に松浦博士の来診。注射によってわずかに意識をつなぐ状態となる。
午後4時50分、息子娘・孫ら近親者に見守られ逝く。
 
病名は、髄性肝臓ガン。末期の苦しみもなく穏やかに息を引き取ったそうである。
 
 
五男・五郎の句が残されている。
 
雲の峰父は佛となり給まふ
 
葬式と葬列
 
003
 
006

2017/07/17

ブルーベリーが庭木に

気がつけば、今日は休日、それも3連休だったんだって……。

 
私にとっては、文字通り身体を休める日だね。先週は動き回ったから。疲れがとれづらい年になったもんだ。。。
 
で、庭にブルーベリーがあることを発見。
いや、私が知らなかっただけなんだけど。父が植えたらしい。周りはツバキだコウヤマキだと庭木ぽい木が並ぶのに、なぜかそこに混じって生えている。
 
2
 
しかも、実がいっぱい付いていた。このままだと鳥の餌食になるから、全部収穫。
 
さっそくヨーグルトをかけて食べる。
 
かんかん照りの陽射しの中を外に出る気にはならないが、この時ばかりは元気が出ますな。

2017/07/16

九州北部水害地の生の声

昨日は名古屋に行っていたのだが、そこでなんと、福岡県朝倉市から来ていた人に会った。製材業を営んでいる方である。

 
そこで実地の話を聞けたので、ここに少しご報告。
 
まず、本人の自宅や工場は被害を免れた。ただ、山はズタズタである。山の多くは林齢40~50年生のスギ林。
 
報道では表層崩壊がほとんどという意見も出ているが、かなり深いところから崩れているところ、岩盤剥き出しになっているところもあるので、深層崩壊もあっただろう。
 
山は、林道・作業道が流されただけでなく、現場近くに置いていた重機類も消えてしまった。そのため災害復旧の見通しが出ても、すぐには動けない状況。
 
今後、木材生産量はかなた落ちるだろう。(3分の1くらいに?)
 
朝倉の木は、ほとんど大分県日田に出荷されている。だから日田の市場に出る木材量が減るのは間違いない。日田の工場はほとんと被害がないので、製材はやりたいはず。そのため原木の取り合いになり、価格は上昇するのではないか。
在庫は、数ヶ月分しかないので秋以降が逼迫すると思われる。
 
 
ただ、こうした林業・木材産業の予想とは別にむしろ気がかりなのは、この災害によって森林所有者の経営意識が減退することだそうだ。
生活、そして山の道・機械も含めて復旧しても、山主は、再び林業を続ける気になるか。災害後、山を放棄する例が過去にもあった。
 
 
……とのことであった。さて、今後の見通しをそう読んで、果たしてみんなどのように動くか。
 

2017/07/15

ラジアータパインは環境によい?

近隣のホームセンターで見かけた看板。

 
2
 
ラジアータパイン集成材のパネル等を販売しているのだが、そこにある言葉に目が向いた。
 
地球環境にも、人にも優しい集成材です。」とある。
 
なぜ地球環境に優しいのか。その下にある文字が、
植林木のパイン材が原料です
 
植林した木だから環境に優しいのか! たいていの木材は今や植林木だと思うのだが。国産のスギやヒノキはもちろん、SPF材も、かなり植林されたものを使っているはず。ポプラ材なんてのもあったな。
パイン材という書き方もなんとなく笑える。松材とは書かないのね。。。
 
 
 
さらに「F☆☆☆☆対応の接着剤を使用しています」とあるが、これは接着剤の性質のことで、身体に無害と言いたいのだろう。
 
これまでラジアタ、いやラジアータパインと言えば、材質があまりよくなく梱包材などに使う木のイメージだったが、今や環境によいと言われ始めたのか。ある意味広告の戦略だが、これで材のイメージがよくなるなら、結構なんだが。。。

2017/07/14

Yahoo!ニュース「大水害の発生と森林は関係あるのか」書いた理由

Yahoo!ニュースに「大水害の発生と、森林は関係あるのか 」を執筆しました。

 
水害に関する記事は、ブログに結構書いていた(その最中に今回の九州北部水害が起きたのだけど)ので、もう書かないつもりだった。
 
が、ふと今日の午前中に降ってきたのね(~_~;)。書かなくちゃならない、と。
 
ようするに、ブログでいくら書いても人工林や林業と災害を結びつける言説がアチコチに見られたわけで、ならばより読者の多いYahoo!ニュースに書いても焼き直しにはならないだろう、と思ったわけである。焼け石に水かもしれないけれど。。。
 
こういう時は一気呵成に、多分1時間弱で書き上げた。ネット記事の特徴でもある。紙の記事の場合は遅筆なんだけどねえ。
 
折しもツイッターのまとめサイトにも納められた。「スギ人工林」とH29九州北部豪雨
 
 
何度も書くように、私は水文学は苦手なのだ。それでも素朴に森林が水にいかなる関わりがあるか考えて詰めていくと結論が現れるのだよ。
 

2017/07/13

石は石でも……

先日、石の世界を覗く。

 
Photo_2
 
こんな山と積まれた中から一片をいただいた。   
 
1
 
なんだかわかるだろうか。そう、砥石である。正確には、砥石の一部である。
 
そんじょそこらの砥石ではない。国産超高級天然砥石。
 
今世間に出回っているほとんどが人造砥石だが、わずかに天然砥石もある。本来の砥石は、ちゃんと鉱山から掘り出す。粒子が揃ったものは滅多にないから貴重品だ。馬鹿高い。最高級品は、一つで30万円はする。それでも求める包丁人はいるのだ。
写真のは、その半分ぐらいだから15万円ぐらい?(^o^)。
 
ま、それは冗談価格だが、貴重品には違いない。世間に刃物マニアは多いが、砥石マニアもいるだろうか。研ぐ、という世界に興味を持つ人はどれぐらいいるだろう。
 
 
試しに包丁を研いでみた。ほんの30秒ほど研ぐが、もったいなくて止めた。すり減らしたくない。。。
で、その包丁でキュウリを切ってみる。
 
仰天の切れ味。な、なんだ? 手応えがないみたいに切れる。
 
おそるべし、天然砥石。
 
 
木の世界に飽きたら石の世界に行こうか。
 

2017/07/12

土倉庄三郎の誕生日

暑い。暑い日は、水遊びに限る。

 
というわけで、川上村大滝の土倉家跡の前の吉野川で水に親しんだ(^o^)。
 
017
 
大の大人、5人が水遊び(笑)。……にしても、ダムからの放流水は緑色に濁っていて、あんまり水に浸かりたくない心境なのであった。
 
水に濡れながら何をやったかはまたの機会とする。
 
 
それと何の関係もないが、先日気がついたこと。
土倉庄三郎の誕生日は、4月10日である。私は、それに関して深く考えなかったのだが、この月日は旧暦であった。
明治になって新暦に切り替えられるから現在の月日と狂ってくる。拙著では、登場する月日は新暦、土倉翁の年齢などもすべて満年齢で示しているが、誕生日だけは見落としていた。
 
で、旧暦天保11年4月10日は、現在の1840年5月11日である。
 
だからナンなんだ、と言われたら何もない(~_~;)が、せっかくだから誕生日占いを。
 
5月11日生まれの人の性格は?と、星占いサイトを検索してみた。
 
・慌てず騒がずの精神で、ゆったりとしています。
・即決即断はせず、じっくり考えて策を巡らせる。
・徐々にやる気になっていくタイプ
・やると決めたことは時間がかかってもやり抜くタイプ。
・空想をして楽しむ。
 
全然、土倉翁を連想しないなあ(;´д`)。
やっぱ、関係ないでしょ。

2017/07/11

HUFF POSTに土倉翁

ハフポスト(ハフィントン ポストから改名)日本語版に、土倉翁の記事が掲載された。

 
書いたのは、私である(笑)。
 
ま、内容はグリーンパワー7月号に執筆した記事の転載なのであるが,、とにかく今月は土倉翁強化月間なので、さまざまなメディアに露出することは喜ばしい。
 
 
注目すべきは、冒頭の牧場跡調査。
 
土倉家は大滝の上の台地に牧場を開いて、牛乳を絞って飲んでいた、という逸話を聞いていて、これを確認したかったのだ。実施したのは4月頭である。
牧場と行っても畜舎飼いだったようで、広い牧草を生やした牧野があったわけではない。ただ戦後すぐまで牧場はあり、牛乳を出荷していたのは間違いない。戦後に移り住んだ人の話も聞けた。
結局、木材バブルの際に全部植林をしてしまったため、現在はスギ林である。
 
むしろ、土倉家より前の太刀家(源義経を助けた一族)、さらにその前の縄文? 弥生? 遺跡のある可能性も出てきたのが面白い。土器が見つかった記憶があるという。
 
7
 
太刀屋大神の碑
 
2
 
最上部に石垣が見つかった。
 

2017/07/10

大水害における流木被害

昨日の「森林の洪水に関する機能を見直す 」が、予想外にアクセスが伸びている。論文紹介という硬い内容なのに。またコメント欄に、肝心の谷誠先生が論文のダウンロード先を示してくれたので、参考にしてほしい。

 
そして、もう一つ拙記事でアクセスが急増したのが、こちら。
水害と人工林批判を結びつけたがる愚
 
なんと2011年9月6日のエントリー。6年前の紀伊半島大水害に寄せて記したものだ。
 
今回の福岡の大水害に関して検索すると、こんな古い記事が引っかかったのだろうな。この年は、言わずと知れた東日本大震災が3月にあり、7~9月と水害が全国で相次いだのだった。
内容は、人工林だから山崩れを引き起こした、といったズレた批判に物申したものだが、最後に災害を拡大した流木被害について触れている。
 
ただ、一点気になるのは、洪水現場に山積みになった流木である。流木が橋などにひっかかり、それが水をあふれさせた原因になったところは多いようだ。
 
この流木は、森林が地面ごと崩れてなぎ倒されたものなのか、それとも伐り捨て間伐で林内に残された間伐材が流れ出たのかはっきりしない。もし間伐材が主因なら、林業にも災害の一因を作った可能性がある。
 
その点だけは留意したい。
 
 
このように記した。
 
今日の夕方、何気なくテレビを付けたところ、やはりニュースで流木による被害について取り上げていた。
 
ただ、扱い方は違う。この流木はどこから来たのか、ということを追跡しているのだ。
 
Dsc_0554
 
まず流木に切断面を見つけて、伐採したものであることを示した。
 
Dsc_0549
 
そして山の林道沿いに積まれた丸太を確認。いわゆる山土場だ。伐採後、搬出までの間に仮に積んでおく丸太の山である。これはある程度量が確保されるまでとか、丸太を乾燥させるため……などいくつかの理由があることを業者に語らせる。
こうした丸太の山が、今回の豪雨で山が崩れるときに流出した可能性は高い。
 
一方で、根っこのついた流木も紹介して、山に生えていた木が崩壊時に一緒に流れ出たことも示した。
 
Dsc_0555_2
 
 
このニュースは、なかなか良心的な報道だった。しっかりと現地を確認しているし、伐採された丸太と、立木の両方が混ざっていることを示している。
以前のような、思いつきで人工林批判、林業批判をしていない。
 
逆に業者側にも一定の責任があることも示唆した。これからは、林道の下斜面側に土場を築くと危険といわれるかもしれない。改善するのは、なかなか難しいが……。それに道ごと崩れる場合には意味がない。
 
 
ただ、その後に気になる発言があった。
 
どこぞの大学教授が、植林した山は、樹木の根が土壌流出を抑える効果がある反面、崩れるときは根っこが山肌を大きくえぐって被害を大きくする……と説明していた。
 
「植林した山」という言い方はおかしいだろう。人工林を指すのか。しかし天然林だって根を拡げているのは同じだ。区別するべきではない。それともはげ山がいいのか。
 
Dsc_0556
 
 
また今回を含めて大きな山崩れは、ほとんど深層崩壊である。
草木の根が張っているのは、土壌表面にすぎない。実際の根は土壌のある部分、つまり深さ1~2メートルしか伸びない。高さ10メートル以上ある樹木でも、根系は薄い土壌部分しかつかんでいない。土壌の下の岩盤まで根が伸びることはない。
それに樹木が倒れる際には、すでに表層は崩壊しているわけで、樹木の根っこがどれほど関与するというのか。
 
山崩れと森林を無理やり関連づけようとするのは不可解である。
 

2017/07/09

森林の洪水に関する機能を見直す

また水害が発生した。今年は、福岡県南部が中心だが、毎年「過去に例のない……」豪雨が発生し続けているような気がする。

 
そして、豪雨によって山崩れや洪水が起きると、森林整備の問題が取り上げられるもの恒例となった。
 
さて、そんな時に論文等が送られてきた。学会シンポジウムの報告と水文学の論文だ。
送り主は、人間環境大学の谷誠・特任教授。有り難く拝読した。
 
……もっとも、私は、森林関係学問の分野の中で、もっとも苦手なのが水文学である。
とはいっても、これまで幾度か記事にしたり拙著の中でも取り上げてきたとおり、必要だと思うからヒイヒイ言いながら目を通してきた。水文学は日進月歩なので、常に新しい情報を仕入れておかないと、危険なのである。
そして、今回もヒイヒイ言った(~_~;)。
 
そのうちの一つ「北海道の自然」に寄せた「洪水緩和効果と河川整備・森林整備との関連性」に関するものは、改めて考えさせられる。
 
ここで論文全部を引用できないので一部を。要旨部分である。
 
Photo
 
ここに目を通しただけでも、これは……(・_・)...?と思わせる。
 
記されている「大雨に対する森林土壌の二つの効果」について十分認識している人はどれだけいるだろうか。土壌内の「水みち」効果なんて、思いもしなかった。満水状態になっても、それは地形・地質的によって生じる空隙によって「流出平準化効果」発揮されるらしい。
 
こうした理論は、単に研究者のレベルで留めるのではなく、行政関係者にも共有すべき重要ポイントではないだろうか。
 
ほかにも論文の中で、私が引っかかった点をいくつか切り取った。
 
Photo_2
 
 
Photo_3
 
いかがだろうか。洪水対策に森林整備を、という意見は、そもそも否定されるのである。間伐等であっても伐採したら、それだけで洪水緩和作用は弱まってしまう。
 
治水工事(ダムや堤防など)で防げる災害はほんのわずかだが、かといって森林整備に期待するのもお門違い、ということになる。
 
一方で、人は木材を必要としていて、まったく手をつけないで済ませるわけにはいかない。また原生林であっても、100年単位で見れば、いつか必ず崩れると言ってよい。
 
この点を理解した上で、森林の保全と利用のバランスを考えねばならないわけだ。
 
水文学、なめてはいかんぜよ。

2017/07/08

厳島神社の寄進願い

奈良は雨も降らず、チョー暑い。

 
これで少し涼めないだろうか。。。。
 
16
 
先日訪れた、宮島の厳島神社にあった「お願い」。
 
檜板1枚3万円なり。
 
平舞台というのは、屋根のない部分で、大雨のため写真に撮らなかったが、ここの板の修復を行うのだそう。
 
う~ん、3万円かあ。安い? 高い? と、ここで涼む(笑)。
 
 
15
 
こんなところの板なら、30万円出しても手に入らないかもしれないがなあ。
 
13
 
アップにするとわかる通り、いろいろ切り貼りしたように修復していますよ。

2017/07/07

Yahoo!ニュース「カルピスの日に思い出す」を書いた理由

Yahoo!ニュースに『カルピスの日に思い出す、二人の「カルピスの父」 』を執筆しました。

 
Yahoo!ニュースはたいてい午前中に描くのだけど、今回は夜。
 
察しが付いているかもだけど、そもそもは七夕の今日にブログに何を書こうかと思って気づいたのが「カルピスの日」だった。(ほかに「シイタケの日」なんてのもあるらしい(笑)。)
 
となれば、やはり土倉家。なんたって今年7月は土倉家認知強化月間だから(笑)。
 
そして気づいたのである。ブログではなくてYahoo!ニュース向けに書くことを。こちらの方が読者多そうだし(^o^)。意外と、こんなニッチなネタが好評なこともあるし。
 
いつもいつも林業だ林政だ獣害だ、あるいは森林生態系だといったネタばかり書く人と思われるのも癪なのである。
 
 
さて、今夜の奈良の空模様は、雲が消えて満月がこうこうと輝いておるぞよ。逆に星はほとんど見えない。。。
しかしながら、私に年に一度くらい会いたいといった織り姫も現れる気配はない(~_~;)。
 
やっぱり今夜もビールかジンを喰らうかなあ。カルピスは手元にないから(笑)。
 
Dsc_0548

2017/07/06

クラフトジン「季の美」の成分

今日は早くから川上村の奥の奥に出かけて、なぜか、いや当然ながら山登りをしてきた。

 
だから疲れた。
 
この際、登った理由はスルーしよう。
 
とにかく疲れたのだ。こんな日はビール? いや、それは安直である。
 
そこで手に取るのは、クラフトジン『季の美』
 
ご存じだろうか。近年流行ってきたお酒はクラフトビールならぬクラフトジンである。定義はとくにないが、小規模に蒸留するジンのこと。これまでジンというとカクテルの割材扱いされてきたが、このところジンそのものの味を求める人が増えてきたのだ。
 
ジンとは、スピリッツに植物性の原料を漬け込んだ酒。ジュニパーベリーというヒノキ科の木の実が多い。ある意味ヤニ臭い酒であり、安酒扱いされることも多い。大規模生産されやすい。そこから脱皮させようというのがクラフトジン。
 
 
自慢じゃないが、四半世紀続くジン飲みの私。
 
かつて世界の珍しいジンを集めてボトルコレクションをしていたが、阪神大震災で落下して砕け散った。以来、ジンは飲めどボトルを集めるのは止めたのだが、このたびこのボトルだけは残しておこうか、と思わせるジンを購入した。
 
『季の美』。製造は、京都蒸留所。ジン専門の唯一の蒸留所とのことである。代表も蒸留技師(ディスティラー)ともにイギリス人。1本5000円を超える価格は、ジンとしては高いだろう。
 
1_2
 
白く霜がついているのは、冷凍庫に保管しているから。
 
このジンの特徴は、お米と伏見の伏流水からつくるライススピリッツから作っていることだが、より重要なのは、漬け込むボタニカルだ。
 
注目すべきは、ベースとなるボタニカルにジュニパーのほか、オリス(という植物らしい)、そしてヒノキを使用しているのだ。
ほか、柚子とか山椒とか生姜、赤紫蘇、笹、そしてお茶の玉露を使っているという。
 
ヒノキの香りも、お茶の香りもしないが(笑)、なんともジャパニーズなジンなのであった。
 
ストレートで飲んでみる。
 
美味いよ。全然割る必要がない。せいぜいオンザロックか炭酸割りで十分。
ただ、ジンと思わせないのが難点(笑)。
 
 
ああ、疲れているからさささと書き上げようと思ったのに。。なんか、ウンチク語りたくなる。そんな酒だ。。。

2017/07/05

古材利用のホテル

能登だ、島根だ、宮島だ、と旅する日々を紹介したが、実はその合間に京都でも泊まっている。

 
京都は私の家から近すぎて宿泊することなど滅多にない。せいぜい娘の下宿だ(笑)。だから希少な経験であった。
しかも、今回泊まったのは、なかなか高級感あふれるホテルだった。
 
 
そこで見かけたのが、こんな壁面。
 
1
 
わかるかな? 木の内装なんだが……。
 
アップしよう。
 
2
 
もうお分かり? 襖(ふすま)の敷居や鴨居の溝部分。正確な名称は知らないが、襖溝である。
 
もちろん古材。色も幅もバラバラ。それを上手く配置すると、なかなかえオシャレなデザインになっている。
 
もう一つ。
 
3
 
右端のフロント係の女性に注目……するのではなく、フロントカウンター部分。ここ、木口を張り付けてあるのだ。しかも、よく見れば全部芯去り(中心の芯部分を外して製材したもの)。材の樹種まではよく見なかった。(見てもわからなかったと思う。)
 
ついでに。
 
Photo
 
これ、エレベーターホール。これまたシックな和風デザインだが、よくよく壁を見ていただきたい。
 
名栗って、いうんだっけ? 数寄屋づくりによく登場する加工法。
 
 
ともあれ結構、木の内装にこだわっているホテルだったのである。

2017/07/04

厳島神社の大鳥居に触る!

能登の旅から帰って来たと思ったら、すぐに島根・広島の旅に出ていた。

 
とくに今日の目標は宮島である。
 
が、なんと……まさか台風3号とは。。。しかも、ルートは瀬戸内地方を直撃とは。。。。
 
朝の予報を見ると、昼頃に広島沖ではないか。これではのんびりしていたら船が出なくなるかも、と大急ぎで出発。なんとか島には渡ったが、案の定土砂降りに。
 
港のターミナルから出る意欲がなくなる(-.-)。。。
 
本当は弥山に登りたかったのだが、あきらめて厳島神社に向かう。
厳島神社と言えば、海上の大鳥居なんだが、雨の中だからなあ。
 
ただ、一つだけ運のよかった点がある。それは、干潮の時間が、正午であることだ。
私は、なんとか鳥居に触れられないかと思っていたのだが、チャンスは干潮で神社前が干上がり歩いて鳥居まで行ける条件であることだ。
 
とはいえ、雨の中では。ジリジリと待っていると、小雨になっていた。まだ時間は11時。少し早いが鳥居のすぐ元まで砂地が出ている。
そこで決行。
 
094
 
行きました\(^o^)/。真下より見上げる。ちょっとまだ水が張っていたが、手を延ばして鳥居に触る(^o^)。これで、かなり満足。
 
097
 
これは横から。鳥居は、クスノキの巨木で建てられていることはわりと知られているが、よく見てほしい。根元は違うのだよ。
 
どうやらマツの丸太柱を杭にして何十本も打ち、その上に薄い敷石を乗せ、さらにその上にクスの柱を乗せているらしい。松の柱の周りは、どうも金属的なもので包んでペンキ?いやベンガラか何かを塗っているように見えた。
 
1000年前に、海の中に建てても腐らない工夫をしたのだろうね。
ちなみに現在のは8代目で、明治に建てられたもの。
 
111
 
これが前回、つまり7代目の柱の輪切り。
 
台風の中、よく調べたなあ(^o^)。
なお、12時になると、たしかに潮は完全に引いて鳥居も根元まで全部地上になったが、大雨になった。あの決断は正しかったと思うよ。

2017/07/03

さかさ杉

能登紀行の3弾目。

 
アテばかりではなく、こんなのも見てきましたよ。
 
4_3
 
かなりの巨木である。全景は、こんな風。
 
8
 
ようは、下部の太い枝が下に垂れ下がり、地面を這うように広がっている。伏状性のウラスギなんだろうが、雪の重みで垂れ下がったのかな?
ただ、枝が根付いているようには見えず、這っているのである。
 
これは林業的ではないが、なかなか面白い。
 
このスギは高照寺という古刹の門前にあって、樹齢は約700年ともいうが。。。。
高さが約12メートル、樹冠の広がりは30メートルとか。
 
さかさ杉という呼び名のスギは、全国にあるが、これほどの老樹は価値あるだろう。

2017/07/02

アテの元祖

能登半島の旅で、なかなか見応えのあったものの一つが、これ。

 
4
 
アテの元祖、という標識。もう少し見やすい位置からだと
 
5
 
これは、泉家という一般の住宅敷地内の裏山にある。
石川県、とくに能登半島の林業と言えば、アテだろう。アテとは、ヒノキアスナロ、ヒバという方が通りがよいかもしれない。
ヒバと言えば、青森県(アオモリヒバともいうか)だが、石川県でも県木となっている。
 
その由来を調べると面白い。まず地元にあった天然のアテを造林した説と、津軽から持ち込んだ説の二つがある。が、後者が有力だ。
 
渡来伝説は、さらに二つある。そのうちの一つはまた二つに分かれる(~_~;)。
まず奥州の藤原氏の秀衡三男である泉三郎忠衡が、1189年に当地に赴任した際に、義経が生前愛でていたヒバの苗木を2本持ち込んだというもの。
 
一方で泉家19代之兵右衛が、ヒバの苗木5本を津軽から持ち帰ったという説もある。
これが写真の元祖アテだ。 
太いものは目回りが約4メートルあり、樹齢も400~700年と言われている。
 
あと一説は、加賀藩5代目藩主前田綱紀が、ヒバの苗木移出を禁じていた津軽へ藩士を農民に変装させてヒバ苗 を取寄せ、これを能登各郷に植林したというもの。
 
いずれにしても、江戸時代から能登ではアテを植林するようになったのである。
ただ、今回の旅でも目につくのはやはりスギ。アテはどこにでもある、とまでは言えないようだ。
 
アテは、初期生長が遅いので、戦後の造林品種としてはあまり使われなかったのだろうか。 
 
 
ただアテ(ヒバ)材は、非常に耐水性・耐腐性が強い。それはノキチオールを豊富に含んでいるからだ。そもそもヒノキチオールはヒノキにはほとんど含まれず、ヒバの精油なのだ。
 
アテ植林、今なら見直してもよいのではないか。
 
なぜなら、国が早生樹種の植林に力を入れているから。。。
常に国の政策の逆張りをしておいた方がよい(⌒ー⌒)。
 
ちょっと調べると初期生長は遅いと言っても、40年生でスギの70%ぐらいの材積だという。これならヒノキと比べてそんなに大きく劣らない。材質も(見映えでなく)香りで勝負すれば、十分太刀打ちできる。いや、ヒノキチオールを前面に出せば、高級材とすることも可能だ。アオモリヒバのまな板は超高級品(何万円!)もする。
 
もちろんヒバ、アテの一斉造林などする必要はない。
スギやヒノキ林の一部に植えておけばよい。耐陰性ゆえ、枯れる心配はない。
いっそ早生樹種の合間に混交させてもよいのではないか。20年で直径30センチ以上になるセンダンやコウヨウザンの合間にヒバを植えても育つだろう。そして早生樹を伐採後に大きく育てる。
 
林業は、森づくりは息の長い仕事だ。とにかく時間がかかる。現在の売れ筋や経済状況だけを見て行ったら、将来公開しかねない。常に国の政策の逆張りを加えて多様な森を。
 

2017/07/01

人に会うということ

7月になった。

6月は、やたら面会・面談が多かった。もちろん仕事(原稿、講演など)の打ち合わせもあれば、何らかの問い合わせ、お願い……と多様。当然、初めての人もいる。
ある意味、嬉しい悲鳴というか、仕事につながる、情報を得られる、異分野の勉強になる、など歓迎すべきことであった。
 
私は、面談を申し込まれると基本姿勢としては断らない。可能な限り対応する。私と意見対立するものでも、まったく拒否することはない。会えば、結果的に私も未知の情報を得るなり、プラスになることも多い。
 
その人物が魅力的に感じたり、用件が直接仕事とは関係なくても、心にピンと来るものがあれば無理しても時間は割く。
 
相手が学生の場合は、一杯のお茶、一皿のカレーぐらいは奢る(笑)。若者、学生、とくに女子大生……には極力会う。
 
用件が10分くらいで終えた後も話し続け、延々4時間ということもある。時に丁々発止の応酬となり、頭の中がチリチリと疲れることもあるが、それもまた楽しい。
 
求人している人もいた。その人は造園業を営んでいるのだが、林業に興味のある人にも来てもらいたい。山も持っているから、その整備にも力を貸していただきたい、という要望だ。現在の仕事内容もなかなかユニークで、一般の造園業に収まらない。
私は就職斡旋をする任にはないのだが、 もし休職中(学生可)の方がいたら、今からでも連絡してほしい。紹介するよ。
 
ときにすごい展開になることもある。先日は、80歳を超えたおじいさまから呼び出しを受けて出かけたが、まあ、美味しい食事を御馳走になり(~_~;)、よもやま話のうちに、田舎の森林をもらってくれないかね……なんて言葉が飛び出したりする。。(ウワッ!)
ここで安請け合いして山をもらっていいのか悪いのか……。
 
 
面談で肝心なのは、目的が何で、何を求めているのかはっきり示すこと。あやふやなものは時間の無駄となることが多い。
 
なんとなく某会の講師をお願いしたい雰囲気を漂わせつつ「とにかく会いたい」。
こちらがどんな内容で、どんな条件で? と問い返すと「まずは会ってから」。
ピピピと警戒信号が鳴る(~_~;)。
目的もわからぬ見知らぬ人と会うほど私も心が広くない。断らせていただきました。
 
以前、呼びつけられるように遠くまで足を運んだのに、話を(無償で)させられただけということもあった。自分の自慢話を聞かされたり、よもやま話に付き合わされることもある。それから相手を見極め選ぶようになった。
 
目的を示さず、面会を求めるというのは、馬鹿にした話だ。人に会うということは、時間と手間を費やすだけでなく、かなりの体力、精神力も費やすのである。 
 
以上、愚痴まじりながら、先月を振り返り「面談」について感じたことである。

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

森と林業と田舎