無料ブログはココログ

本の紹介

« 厳島神社の寄進願い | トップページ | 大水害における流木被害 »

2017/07/09

森林の洪水に関する機能を見直す

また水害が発生した。今年は、福岡県南部が中心だが、毎年「過去に例のない……」豪雨が発生し続けているような気がする。

 
そして、豪雨によって山崩れや洪水が起きると、森林整備の問題が取り上げられるもの恒例となった。
 
さて、そんな時に論文等が送られてきた。学会シンポジウムの報告と水文学の論文だ。
送り主は、人間環境大学の谷誠・特任教授。有り難く拝読した。
 
……もっとも、私は、森林関係学問の分野の中で、もっとも苦手なのが水文学である。
とはいっても、これまで幾度か記事にしたり拙著の中でも取り上げてきたとおり、必要だと思うからヒイヒイ言いながら目を通してきた。水文学は日進月歩なので、常に新しい情報を仕入れておかないと、危険なのである。
そして、今回もヒイヒイ言った(~_~;)。
 
そのうちの一つ「北海道の自然」に寄せた「洪水緩和効果と河川整備・森林整備との関連性」に関するものは、改めて考えさせられる。
 
ここで論文全部を引用できないので一部を。要旨部分である。
 
Photo
 
ここに目を通しただけでも、これは……(・_・)...?と思わせる。
 
記されている「大雨に対する森林土壌の二つの効果」について十分認識している人はどれだけいるだろうか。土壌内の「水みち」効果なんて、思いもしなかった。満水状態になっても、それは地形・地質的によって生じる空隙によって「流出平準化効果」発揮されるらしい。
 
こうした理論は、単に研究者のレベルで留めるのではなく、行政関係者にも共有すべき重要ポイントではないだろうか。
 
ほかにも論文の中で、私が引っかかった点をいくつか切り取った。
 
Photo_2
 
 
Photo_3
 
いかがだろうか。洪水対策に森林整備を、という意見は、そもそも否定されるのである。間伐等であっても伐採したら、それだけで洪水緩和作用は弱まってしまう。
 
治水工事(ダムや堤防など)で防げる災害はほんのわずかだが、かといって森林整備に期待するのもお門違い、ということになる。
 
一方で、人は木材を必要としていて、まったく手をつけないで済ませるわけにはいかない。また原生林であっても、100年単位で見れば、いつか必ず崩れると言ってよい。
 
この点を理解した上で、森林の保全と利用のバランスを考えねばならないわけだ。
 
水文学、なめてはいかんぜよ。

« 厳島神社の寄進願い | トップページ | 大水害における流木被害 »

森林学・モノローグ」カテゴリの記事

コメント

田中淳夫様,拙稿のご紹介ありがとうございました.

拙稿は個人ホームページからダウンロードでききます.ご関心のある方はご笑覧ください.谷誠
https://sites.google.com/site/guchenghomupejitanimakoto/

今晩にでも報告しようと思っていましたのに、さっそく読まれてしまいましたか(~_~;)。
勝手な引用、失礼しました。このブログで興味をもたれた方は、しっかり全文を読まれることをお勧めします。
 
今朝、ブログを読んだ、と某行政関係者に言われたばかりです。。。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/65514435

この記事へのトラックバック一覧です: 森林の洪水に関する機能を見直す:

« 厳島神社の寄進願い | トップページ | 大水害における流木被害 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

森と林業と田舎