無料ブログはココログ

本の紹介

« アテの元祖 | トップページ | 厳島神社の大鳥居に触る! »

2017/07/03

さかさ杉

能登紀行の3弾目。

 
アテばかりではなく、こんなのも見てきましたよ。
 
4_3
 
かなりの巨木である。全景は、こんな風。
 
8
 
ようは、下部の太い枝が下に垂れ下がり、地面を這うように広がっている。伏状性のウラスギなんだろうが、雪の重みで垂れ下がったのかな?
ただ、枝が根付いているようには見えず、這っているのである。
 
これは林業的ではないが、なかなか面白い。
 
このスギは高照寺という古刹の門前にあって、樹齢は約700年ともいうが。。。。
高さが約12メートル、樹冠の広がりは30メートルとか。
 
さかさ杉という呼び名のスギは、全国にあるが、これほどの老樹は価値あるだろう。

« アテの元祖 | トップページ | 厳島神社の大鳥居に触る! »

森林学・モノローグ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/65486215

この記事へのトラックバック一覧です: さかさ杉:

« アテの元祖 | トップページ | 厳島神社の大鳥居に触る! »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

森と林業と田舎