無料ブログはココログ

本の紹介

« 収穫できないゴーヤ | トップページ | Yahoo!ニュース「オリンピック選手村施設を…」を書いた理由 »

2017/07/26

長篠城址に木を見る

東三河を訪れたのだが、車を走らせていると設楽が原とか長篠など戦国ファンにはなじみのある地名が次々と出てくる。

 
そう、武田勝頼率いる武田軍と、織田信長・徳川家康連合軍が激突した長篠の合戦の舞台である。世に、長篠の鉄砲三段撃ちなどと言われるが……その真偽はさておき、車を走らせていると「長篠城址」との看板が目に入り、瞬時にハンドルを切った(笑)。
 
実はこの城、長篠の合戦の主戦場ではないのだが、武田軍を釘付けにしたという点では合戦の行方のターニングポイントである。もっとも城というより砦だろう。縄張り範囲は10ヘクタールぐらいあるらしいが、城址として残っているのは本丸部分のわずか。
 
が、意外や見どころは多かった。
 
Photo
 
いきなり訪問者を迎えるケヤキとモミの大木。
 
2
 
武田勝頼が落ち延びる際に挿した桑の杖が、逆さに生えたと伝わる「さかさ桑」。
 
 
3
 
長篠城の戦いが、アメリカのアラモ砦の戦いに似ていると、アメリカから献木されたライブ・オークの植樹。
 
ほかにも皇族の植えた松とか(枯れてるけど)、カエデやクス、サワラ?などの大木もあり、なかなか見どころいっぱいなのだ(木ばかりだけど)。

« 収穫できないゴーヤ | トップページ | Yahoo!ニュース「オリンピック選手村施設を…」を書いた理由 »

森林学・モノローグ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/65584246

この記事へのトラックバック一覧です: 長篠城址に木を見る:

« 収穫できないゴーヤ | トップページ | Yahoo!ニュース「オリンピック選手村施設を…」を書いた理由 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

森と林業と田舎