無料ブログはココログ

本の紹介

« 厳島神社の大鳥居に触る! | トップページ | クラフトジン「季の美」の成分 »

2017/07/05

古材利用のホテル

能登だ、島根だ、宮島だ、と旅する日々を紹介したが、実はその合間に京都でも泊まっている。

 
京都は私の家から近すぎて宿泊することなど滅多にない。せいぜい娘の下宿だ(笑)。だから希少な経験であった。
しかも、今回泊まったのは、なかなか高級感あふれるホテルだった。
 
 
そこで見かけたのが、こんな壁面。
 
1
 
わかるかな? 木の内装なんだが……。
 
アップしよう。
 
2
 
もうお分かり? 襖(ふすま)の敷居や鴨居の溝部分。正確な名称は知らないが、襖溝である。
 
もちろん古材。色も幅もバラバラ。それを上手く配置すると、なかなかえオシャレなデザインになっている。
 
もう一つ。
 
3
 
右端のフロント係の女性に注目……するのではなく、フロントカウンター部分。ここ、木口を張り付けてあるのだ。しかも、よく見れば全部芯去り(中心の芯部分を外して製材したもの)。材の樹種まではよく見なかった。(見てもわからなかったと思う。)
 
ついでに。
 
Photo
 
これ、エレベーターホール。これまたシックな和風デザインだが、よくよく壁を見ていただきたい。
 
名栗って、いうんだっけ? 数寄屋づくりによく登場する加工法。
 
 
ともあれ結構、木の内装にこだわっているホテルだったのである。

« 厳島神社の大鳥居に触る! | トップページ | クラフトジン「季の美」の成分 »

木製品・木造建築」カテゴリの記事

コメント

カウンター込みの写真は『とっさ撮り』ですかね。何時に無い感じです。
(水平が傾いているし、)
田中さんの『写真撮り技術』がここでは発揮されていない感じですが、、、、。それはともかく、

間伐小径木由来の「小口」を使った商品開発をやっている当方にとっては、とても、参考になりました。

そりゃ、女性を盗み取りするときは「とっさ撮り」でしょ……違う。違う。酔っていたんですよ、きっと。(;^_^A

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/65496390

この記事へのトラックバック一覧です: 古材利用のホテル:

« 厳島神社の大鳥居に触る! | トップページ | クラフトジン「季の美」の成分 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

森と林業と田舎