無料ブログはココログ

本の紹介

« ラジアータパインは環境によい? | トップページ | ブルーベリーが庭木に »

2017/07/16

九州北部水害地の生の声

昨日は名古屋に行っていたのだが、そこでなんと、福岡県朝倉市から来ていた人に会った。製材業を営んでいる方である。

 
そこで実地の話を聞けたので、ここに少しご報告。
 
まず、本人の自宅や工場は被害を免れた。ただ、山はズタズタである。山の多くは林齢40~50年生のスギ林。
 
報道では表層崩壊がほとんどという意見も出ているが、かなり深いところから崩れているところ、岩盤剥き出しになっているところもあるので、深層崩壊もあっただろう。
 
山は、林道・作業道が流されただけでなく、現場近くに置いていた重機類も消えてしまった。そのため災害復旧の見通しが出ても、すぐには動けない状況。
 
今後、木材生産量はかなた落ちるだろう。(3分の1くらいに?)
 
朝倉の木は、ほとんど大分県日田に出荷されている。だから日田の市場に出る木材量が減るのは間違いない。日田の工場はほとんと被害がないので、製材はやりたいはず。そのため原木の取り合いになり、価格は上昇するのではないか。
在庫は、数ヶ月分しかないので秋以降が逼迫すると思われる。
 
 
ただ、こうした林業・木材産業の予想とは別にむしろ気がかりなのは、この災害によって森林所有者の経営意識が減退することだそうだ。
生活、そして山の道・機械も含めて復旧しても、山主は、再び林業を続ける気になるか。災害後、山を放棄する例が過去にもあった。
 
 
……とのことであった。さて、今後の見通しをそう読んで、果たしてみんなどのように動くか。
 

« ラジアータパインは環境によい? | トップページ | ブルーベリーが庭木に »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/65543408

この記事へのトラックバック一覧です: 九州北部水害地の生の声:

« ラジアータパインは環境によい? | トップページ | ブルーベリーが庭木に »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

森と林業と田舎