無料ブログはココログ

本の紹介

« 九州北部大水害の現地調査報告 | トップページ | 収穫できないゴーヤ »

2017/07/24

名古屋城って。。。

先日、名古屋城を見学した。

 
尾張名古屋は城で持つ……だそうで、しかも木造復元化計画も進行しているとのことで偵察の心持ちであった。
 
2
 
これが全景。正直、ずんずりむっくりというか下半身デブ(笑)。美しい城というよりは、質実剛健? これはコンクリート製だが、戦前の木造城を外見だけは真似て復元したそう。
 
5
 
これは、石垣こそ昔のままなんだろうが、天井は?何、これ。鉄板かあ?
……いやあ。その。困った(笑)。
 
さらに何が驚くって、天守閣の入口の立て看板でしょ。
 
 
4_2
 
耐震性能が劣化している? 震度6強程度の自身で崩壊する?
それなのに観光客を入れていいのか。
警備員やスタッ目の指示に従え? どんな指示が可能なのか。地震は警報出てから何秒後に起きるのかわかっているのか。30分も1時間もあるわけない。早ければ数秒後、長くても30秒とないだろう。逃げようがないだろう。
 
しかも木造化が耐震に繋がるとは、勇気ある発言だ。そりゃ,CLTで建てるんならいいけどね。なお、展示もびっくりというか、苦笑いというか。。。
 
名古屋城が、こんなにツッコミドコロ満載とは思わなかった。
 
まあ、私は、可愛い女性と一緒に見学したから満足したけどね\(^o^)/。
 

« 九州北部大水害の現地調査報告 | トップページ | 収穫できないゴーヤ »

木製品・木造建築」カテゴリの記事

コメント

田中淳夫様

いつも敬愛し、拝読しています。新情報を反芻された内容は気付きや考察となりうれしい限りです。これからも本も含めて読まさせて頂きます。

さて、この度の記事中に、「木造化が耐震に繋がるとは、勇気ある発言だ。そりゃ,CLTで建てるんならいいけどね。」とあり、おやッと思い投稿します。

現存している多くの日本の文化財建築は木造であり、西暦1500年代に建立し、なんと500年間ノーメンテナンスのお寺もあります。正倉院、法隆寺でも明らかなように、永年の日本の自然淘汰に晒されても立派に遺っています。

現代建築の様に20~50年で建て壊すサイクルならば、CLTや合板のような接着剤方式の強度もモツだろうかな?と思えますが、
まだまだできたばかりの実証段階で、接着剤方式はこれから自然淘汰され、衣食住の質が問われて欲しいものです。
計算が想定外であったは論外です。
経済方針を見直し、もっと耐久させるならば、それもメンテナンスフリーを継承するならば、実存し何百年も耐久している健康な住まいを子孫に住まわせたいと切に感じているこの頃です。

古来の「家」は、生き物の健康を増進し、家財を守る働きまで高めているようですが、コンクリートも鉄も無理なようで、、、。


今は、CLTしか生き残れないという事なのでしょうか?

薪文化片山

お城関連なら少しコメントさせていただきます。

 名古屋城の天守、河村名古屋市長はよく「木造再建すれば
400年持つだがや~」と話していますが、実は名古屋城天守は
江戸時代、非常に多く「修理」されていました。

 築城後50年ぐらいたつと10年~15年ごとに修理し、
享保時代になるとほぼ二年ごとに修理しないといけない位
木造建物たる天守が痛んでいましたが、その土台の石垣も
もちろん痛み、北西の隅が60㎝も沈んだりし、宝暦元年から
宝暦五年にかけて、天守台の解体、積みなおし&天守自体も
半解体修理されています。(1751~1756)
 なので、創建時、最上階の屋根瓦だけが「銅瓦」でそれ以下は
瓦葺だったのですが、「宝暦の大修理」ですべての瓦が銅瓦に
なり、全体の重量も軽減され、その結果、のちの濃尾地震にも
耐えることが出来たそうです。

 木造の高層建築は「メンテナンス」無しでは簡単に崩れる
のは「明治時代」の各地の城が証明されています。

 明治維新後、修理されず、野ざらしされるがままで崩れた
天守は全国各地に多いのですが、高松城や大洲城は結構
持ったそうですが、それでも明治中期に崩れたそうです。

 「城の天守」という木造高層建築には修理や修繕が無いと
崩れるのは「歴史」「と「資料」が証明しています。

ある程度、先に説明されましたが……。よく言われる「法隆寺は千年建っている」等の言葉は、いわゆる幻想の木造建築でして。
常に修復を繰り返して維持しているのです。だから現在の法隆寺には、天平時代になかった貫構造が入っていますし、木材もたしか2~3割入れ代わっているはずです。

なおCLTは実験によって震度7以上でもびくともしない結果が出ています。そのことを踏まえたのですが、耐震性と、経年劣化は別です。CLTが地震には耐えても100年持つかどうかはわかりません。
一方で江戸初期に建てられた松江城は、寄木の柱がニカワと鉄環で400年持っていますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/65576343

この記事へのトラックバック一覧です: 名古屋城って。。。:

« 九州北部大水害の現地調査報告 | トップページ | 収穫できないゴーヤ »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

森と林業と田舎