無料ブログはココログ

本の紹介

« 杉皮の和紙 | トップページ | Yahoo!ニュース「生物学的に見た介護の効用」書いた裏側 »

2017/08/11

「バイオマス」は「丸太」なのか?

今日が祝日であることを、ほとんど気づいていなかったのだが。

 
久しぶりに大阪に出た。普段、あまり大型書店に行けないので、こういう機会に覗く。
すると、何かと本を買ってしまうのだが……。
 
ふと目についたのが、「環境ビジネス」という雑誌。季刊で発行しているらしいが、最新号はバイオマス特集のよう。
 
Photo
 
こーゆー表紙。私は当然ながら買わず(~_~;)、立ち読みしただけなのである。内容は,それなりにいろいろ説明しているが、それについては触れない。ただ、表紙が気にかかった。
 
丸太の山積みなのである。
 
やっぱりバイオマス=木材=丸太、という連想なのだろう。
 
写真の丸太は相当素性がよいし、これを燃やすのか?と思ってしまう。この写真は、あくまでイメージであるのかもしれない。しかし、専門の雑誌が表紙写真に選んだ時点で、大きな勘違いが広がっていることを示すのではなかろうか。
 
そもそもバイオマス・エネルギーにする木材は製材端材や、建築廃材、その他木片・木屑であるべきなのだが、十分建材になりそうな丸太を燃やすのはスタート時点で掛け違いが起きていると思う。
 
バイオマスエネルギーの利用を、熱ではなく発電としたこと。
未利用材区分をつくって、それをFITでもっとも高く設定したこと。
小規模分散ではなく、大規模集中型施設を推進したこと。
 
これらは制度というかシステム設計の過ちだが、加えてイリーガルな世界が広がっている。
 
燃料の素性のチェック体制がまるで甘いこと。廃棄物処理のいい加減さ。産廃を未利用材と偽れば、FITの差額は莫大である。産廃の場合は、燃焼灰が強アルカリや強酸性になることもあるが、どのように処分しているのか。。。
 
そういうことを専門誌には追求してもらいたいんだけどねえ。
 

« 杉皮の和紙 | トップページ | Yahoo!ニュース「生物学的に見た介護の効用」書いた裏側 »

森林学・モノローグ」カテゴリの記事

コメント

木質バイオマスのエネルギー利用としての《発電》とか、言うのでしょうが、何らかの企みを感じます。

木は製材して利用するのが一番で、製材の過程で発生する副産物を更に活用するのであれば、全体的に見て《麗しい方法》。勿論、枝や皮も副産物利用の部類。

ま、簡単に、燃すなよっ!!・・・ですかね。

ツイッターに書き込みがあったのですが、バイオマス熱ボイラーは厚生労働省の管轄、発電用ボイラーは経済産業省の管轄だそうです。
経産省が主導する事業だから、発電しか興味ないわけです。縦割り行政が、ここまで及んでいるのですかね。

当然の疑問として、コージェネの所管はどこなんでしょうね?

コジェネが普及しない理由も、そこにあったか(笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/65652215

この記事へのトラックバック一覧です: 「バイオマス」は「丸太」なのか?:

« 杉皮の和紙 | トップページ | Yahoo!ニュース「生物学的に見た介護の効用」書いた裏側 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

森と林業と田舎