無料ブログはココログ

本の紹介

« Yahoo!ニュース「バイオマス発電が世界遺産を破壊する」書いた裏側 | トップページ | 竹ファイバーの商品 »

2017/09/27

16年の木材自給率は34,8%

平成28年の木材需給に関する「木材需給表」が発表 になった。
総需要量は7,807万7000立方メートル(丸太換算)で前年比3.9%増加。
国内生産量は2,714万1000立方メートルで前年比8.9%増加。輸入量は5,093万6000立方メートルで前年比1.4%増加。
結果として木材自給率は、1.6ポイント上昇して34.8%。
 
Photo
 
ま、高くなってバンザイなんだろう。
ここで内容を細かく見るのは毎年やっていて徒労感があるので、止めておく(-.-)。
 
 
ただ簡単にまとめたら、国内生産で増加したのは、ほとんど燃料材165万2000立方メートル(58,9%)のおかげだ。いきなり1,6倍だからね。
つまりバイオマス燃料の生産が爆発的に増えて自給率を押し上げたのは間違いない。
 
 
ところで、一つオモシロイことに気付いた。
 
木材輸入量も少し増えているのだ。輸入量は5,093万6000立方メートル。前年と比較して69万4000立方メートル(1.4%)増加している。
その要因は、やはり燃料材が19万4000立方メートル(16.8%)も増加したことによる。
 
輸入燃料材というのは、おそらく木質ペレットのほかはほとんどヤシ殻(PKS)だろう。今年になって、輸入バイオマスによる発電が急増している。ということは、来年以降の統計では、もっと輸入量が増えるだろう。
 
一方、国内で燃料材の生産するのは、早晩限界に来ると思う。国産が急減して、輸入が急増する……?
 
もしかしたら、それが原因で木材自給率の伸びは打ち止めになるかもね。もしかしたら急降下する可能性だってある。
 
木材自給率にこだわるなら、輸入燃料を抑えることだ。それとも自給率を捨ててバイオマス発電量の伸びを自慢するように切り換えるか。
 
ま、好きにしてください。統計のお遊びだから。

« Yahoo!ニュース「バイオマス発電が世界遺産を破壊する」書いた裏側 | トップページ | 竹ファイバーの商品 »

林業・林産業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/65844864

この記事へのトラックバック一覧です: 16年の木材自給率は34,8%:

« Yahoo!ニュース「バイオマス発電が世界遺産を破壊する」書いた裏側 | トップページ | 竹ファイバーの商品 »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

森と林業と田舎