無料ブログはココログ

森と林業と田舎の本

« 林野庁が「森林バンク」とな? | トップページ | ノルウェー人の幸福 »

2017/09/20

無印の多肉植物

最近、百均ショップで気になるのは、観葉植物のコーナー。とくに多肉植物が多く並ぶようになった。
百均のような、大量販売が必要な業態に植物のような生ものを扱うのも冒険と思ったのだが、わりと売れているようである。観葉植物は、花と比べると長持ちする。とくに多肉植物なら世話もあまりいらない。それでいて種類も豊富。だから可能なのだろう。それにしても、小さいながらも鉢植えが108円で手に入るのか……。
 

そんな折り、無印良品の棚に、こんな商品を見つけた。

 
_20170920_205409  _20170920_205503
 
無印でも多肉植物を扱っている……のだけど一味違うのが、鉢にヒノキブロックを使ったところだろう。これで500円。(もちろん陶器やプラスチックの鉢もある。)
 
ヒノキブロックにドリルで穴を開けただけの代物だ。製作するのに特別な技術や手間はいらないだろう。そこに水苔でも詰めて植え込んだのか。そのまま地面に植えることもできるかもしれない。最後は土に埋めるとそのまま腐朽してくれるはず。
陶器やプラスチックの植木鉢は、処分が大変だ。かさばるし重いし、最近は有料ゴミ扱いになる。その点、ヒノキブロックなら自然物を売り物にできるかもしれない。
 
手間隙かけた高い木製植木鉢ではなく、500円くらいなら気軽に買われるだろう。(百均並には売れないだろうが……。)
 
単純に百均と比較すると、ヒノキブロックには400円近い価値があることになる。端材で作れるから、そこそこ利益が出るはずだ。
 
 
今求められているのは、こういう木製品じゃないのか。ちょっとオシャレで感性に訴えるもので、しかし高くない。量もそこそこ捌ける。
昔、カジュアルウッド という概念を提唱したことがあるが、こういう商品ではないかな。
 
 
 

« 林野庁が「森林バンク」とな? | トップページ | ノルウェー人の幸福 »

木製品・木造建築」カテゴリの記事

コメント

カジュアルウッド提唱に賛同します。
私の方は『ウッドぷちプランター=WPP』です。商標登録行動してます。
当方の詳細は『出願』後にお示しします。

具体的な商品づくりを始めていますか。期待します。

コメント戴き、恐縮かつ有難うございます。

取り急ぎ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 無印の多肉植物:

« 林野庁が「森林バンク」とな? | トップページ | ノルウェー人の幸福 »

May 2020
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

森と林業と田舎