September 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

森と林業と田舎の本

« ノルウェー旅の友 | トップページ | ノルウェーの寿司屋 »

2017/10/08

ノルウェーで感じた“敗北感”

ごきげんよう!

 
1週間のご無沙汰です。今朝ノルウェーから帰って参りました。
 
 
……と言っても、実はツイッターではほぼ毎日何かをアップしていたのだけど(~_~;)。
ブログとかフェイスブックと違って、ツイッターは瞬発的にアップできるのでよろしい。忙しい時は向いているようだ。ブログを論説・小説としたら、短歌か俳句のよう。
 
帰国した今後は、少しペースダウンしようかな、とも思う。
 
とはいえ、せっかくなのでボチボチと紹介。
 
まずノルウェーの印象を思い浮かべようとすると、何かしら“敗北感”を伴うような気がする。日本が遅れすぎてしまったのか。
 
たとえば。
 
2_2
 
感覚的には街行く車の半分ぐらいがEV、電気自動車だ。各所に充電スタンドがあり、充電費はタダ。乗せてもらったが実に快適。時速も100キロを軽く越える。
 
さらに買い物のほとんどがクレジットカード。現金を使おうとすると、先方が慌てるぐらい。すでにキャッシュレス社会なのだ。ジュース一つだってカード。
 
 
 
そして街の風景が美しい。4
別に観光名所でなくても、魅せる。
 
その中には、こんなビル群もある。
 
400
 
9階建ての木造ビルが5棟並んでいた。学生寮だという。造りはCLTなのだけど、日本で見たCLTビルより絶対に美しい(~_~;)。
 
102
 
海辺には広大な木のテラス。ここから海に入って泳ぐこともできる。(シャワー施設も完備)
 
6
 
これは幼稚園。見た通り木造だ。その中に入らせてもらったのだが、基本はCLT構造。
 
4_2
 
これは子供らの遊具なんだが……この中に入っているのは木の木っ端なのである。ただし、一部にクッションが混じっているのだが……わかるかな?
ともかく、木育しているわけだ。日本のように木で遊ばせるイベントではなく、日常の遊び道具が木っ端なのである。
 
なんとも複雑な敗北感を味わったのであった。。。。

« ノルウェー旅の友 | トップページ | ノルウェーの寿司屋 »

木製品・木造建築」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ノルウェーで感じた“敗北感”:

« ノルウェー旅の友 | トップページ | ノルウェーの寿司屋 »

無料ブログはココログ

森と林業と田舎