無料ブログはココログ

本の紹介

« 竹を殺す、その前に | トップページ | 高校生からの質問 »

2017/11/06

なんかヘンと感じたスギ林

山中を走っていて、車窓の景色を見ていると、ふと「なんかヘン?」と感じることがある。
 
今回は、こんな景色で思わず車を止めてしまった。
 
2
 
このスギ林、なんかヘンだなあ。
通常なら見過ごすというか、通りすぎてしまうのだが、この時は車を止めたのだ。
 
改めて見直すと、わかった。幹の高い位置まで枝がない。まさか枝打ちをしたとも思えないんだけどね。。。
 
少し考えて気がついた。
 
このスギ林は密植したまま間伐しなかったせいで、下枝が落ちたのだ。ただ、そんな森は通常森の中に入らないと目にできないのだが、そもそも走っている道が、そのスギ林を切り開いて作ったのだろう。だから、いわば森の断面が見られるようになっていたのか。
 
おそらく道自体がまだ最近開いたばかりで、林際の植生(マント群落)が発達していないから、よく見えるのだ。
 
わかればナンの不思議もないのだが、ちょっとした違和感もよく考えると面白い。森の断面を見られるのだから。
 
以前、間伐遅れの人工林は「緑のマントを羽織ったペテン師」と喝破した林業家がいた。これはマントを剥がしたところかもなあ。
 
その図を探し出した。
 
1  
 
これだ。この図のような断面を感じたのだ。
そして語ったのは、大分県の後藤國利氏であった。
 
マントを剥がされた森林は、その後どうなるのだろう。今更枝は生えないし、太らせるのも難しいと思うが……せめて下層植生が発達したら、生態系としてはマシになるのではないか。
 

« 竹を殺す、その前に | トップページ | 高校生からの質問 »

林業・林産業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/66012330

この記事へのトラックバック一覧です: なんかヘンと感じたスギ林:

« 竹を殺す、その前に | トップページ | 高校生からの質問 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

森と林業と田舎