無料ブログはココログ

本の紹介

« なんかヘンと感じたスギ林 | トップページ | コンフォルト159号は杉特集 »

2017/11/07

高校生からの質問

某高校2年生から、質問のメールが届いた。

 
なんでも、河合塾の第一回京大即応オープン模試の、地理Bの問題の解答解説文に「安い外材」についての記述があったのだそうだ。
 
問題は、1960年代から70年代にかけて国内の木材生産量が急減した点を、木材と需要と供給の面から50文字以内で書け、というものだ。
 
私のブログや著書を読んでいる某君は、まだそんなことを言っているのかと思ったのだが、農水省の統計を見ても1970、80年代は外材が安くないとは確認できませんでした……というものであった。
 
実際、解答解説文には、次のような文があると添付してくれている。ちょっと問題個所を拡大したのだが。。。
 
Img_1793  
 
いやあ、こんな問題、私なら50文字で書けないようなあ。500文字は必要だ。
 
ともあれ、私も解説しました。極めて簡単に言えば、70~80年代は外材の方が国産材より安かったのだよ、ということになる(~_~;)。
もともと50年代から始まった外材輸入は、ずっと国産材より高かったのだが、70年代に入って為替が変動相場制に移行して円高が進行することで、一気に安くなった。この時期は、たしかに外材の方が安くて、それに国産材は負けていた面はある。
 
だが90年代に入って、再び国産材の方が安くなっていく……が、2000年代はまた乱高下する。(返答では、もっと詳しく書きました。)
 
その資料としては、やはり森林林業白書である。取材による聞き書きも含まれるが。
 
 
ともあれ、高校生の林業オタクがいたことに感心した(笑)。もっとも学校には、話の通じる友達がいないそうだが(~_~;)。
 
ただ、教科書には「世界と日本の林業」という題でまるまる1ページ語られているそうである。そうか、最近の教科書では、また林業が復権しているのか。
 
なかなか勉強になりますな。私も、高校の教科書にも目を光らせようか。

« なんかヘンと感じたスギ林 | トップページ | コンフォルト159号は杉特集 »

取材・執筆・講演」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/66016113

この記事へのトラックバック一覧です: 高校生からの質問:

« なんかヘンと感じたスギ林 | トップページ | コンフォルト159号は杉特集 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

森と林業と田舎